老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

不動産会社経営

老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

コンサルティングをしていてよく思うことがあります。
それは、成功する人と失敗する人の差は、紙一重だということです。
今、事業がうまくいっている人も未来永劫、うまくいくとは限らない。
今、事業が行き詰まっていても近い将来、大復活することもある。

その違いを生むのは、ほんのわずかな心構え。
ひとことで言えば、変わる勇気があるかないか。
それだけのような気がします。

以前、あるテレビ番組で老舗の料亭が紹介されていました。江戸時代から続く老舗料亭。

伝統のレシピを忠実に再現しているのかと思えば、実はそうではないというのです。料理の味は時代によって少しずつ微妙に変化しているといいます。その理由は、日本人の味覚が時代によって変わってきているから。そのため伝統は守りつつも時代時代に合わせてわずかに変化をさせる。これが、数百年続く老舗の理由だそうです。そういえば、ある有名ラーメン店の店主も同じようなことをいっていました。

大切なことは、ただ単に、昔の味を守ることではないということ。時代に合わせて変化させる勇気を持つことだそうです。これは、経営者にも言えます。時代は常に変化しています。時代と共に、お客様の趣味嗜好も変化しています。であれば、つくる家も変化させなければならない。つくる家を変化させるには、自分が変化しなければならない。ここがポイントです。

私たちが老舗料亭のように生き延びていくには、自分が変化することが重要だということです。ただ、変化には苦痛が伴います。今までと違うことをするわけですから当然といえば当然。体も心も、拒否反応を示します。すると、ついつい元の居場所に戻ってしまう。

これをコンフォートゾーンというのですが、人はこのコンフォートゾーンからなかなか抜け出せません。ついつい気心の知れた仲間とだけ仕事をするようになります。そして、またいつもと同じような家を建ててしまう。そして、徐々に時代の求めるモノからずれて行ってしまうのです。もちろん大きくズレるわけではありませんから、表面的にはわかりません。しかし、確実にズレていくのです。そして気がついた時には修正ができないほど大きなズレになっているのです。

では、どうしたらいいのか?

答えは簡単です。居心地の悪い場所へ積極的にでかけていくこと。居心地の悪い場所にこそ、お宝が隠れていると知ることです。勉強が嫌いな経営者であればあえて勉強会に参加する。他社の建売住宅を見る機会が少なければ、あえて他社の建売住宅を見学する。人付き合いが苦手な経営者であれば苦手な人付き合いをしてみる。そんな居心地の悪いことにチャレンジすること。それが、会社も自分も成長する唯一の方法です。

あなたは最近、居心地の悪い場所に出かけていますか?

居心地が悪い場所にこそ成功が隠れています。居心地が悪いなと感じたら、それはあなたが成長している証(あかし)。積極的に居心地の悪いことをしましょう。自戒の意味を込めて。

 

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  2. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  3. 建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  5. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

関連記事

  1. できる不動産会社の経営者が最も大切にするもの

    不動産会社経営

    できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。

    以前、私の会社にいた社員の話。その社員は20代後半の真面目な社員でした…

  2. 不動産会社の経営者必見!星野リゾートの成功の素とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者必見!星野リゾート成功の素とは?

    以前、本は読むものではない。本は使うものだ。本に書いてあることをそのま…

  3. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

    不動産会社経営

    俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

    以前読んだ本の中に、「駿足」を生み出した開発チームの本があります。…

  4. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  5. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

  6. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    売れる建売会社をつくるのは難しい・・・と、思うことがよくあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  2. あなたの建売住宅をもっと簡単に売るための下地づくりとは?
  3. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  4. 値下げ前にやるべきこととは?
  5. 難しい専門用語が売上を落とす!

おすすめの記事

  1. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  2. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。…
  3. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  4. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  5. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  1. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  2. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。

    不動産会社経営

    長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  3. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由

    不動産会社経営

    中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  4. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    不動産マーケティング

    建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?
  5. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    不動産広告

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?
PAGE TOP