売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

不動産会社経営

売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何かという質問に対してでしたが、その答えが、「商品に惚れ込んではいけない」というものだったからです。

私たちがよく耳にするのは「商品に惚れろ!」という言葉。担当者が商品に惚れなくて売れるはずがないという言葉はよく聞きますが、この経営者は全く反対のことを言っていました。

ちなみに、この経営者は不動産とは全く違うビジネスをしていますが、ビジネスの実績は桁違い。毎年倍々ゲームのように売上を伸ばす敏腕経営者。だから、彼の言葉には重みがあります。

では、なぜ彼が商品に惚れ込んではいけないと言ったのか?それは、商品に惚れ込んでしまうとビジネス全体を客観的に見れなくなるからです。実際、その敏腕経営者も昨年はある商品に惚れ込んで大きなミスを犯したと言います。こんなにいい商品ならきっと誰もがその価値を分かってくれるはず、と通常の販売プロセスを無視し、価格設定も間違えたと言います。結果は、・・・惨敗。いつもなら絶対に犯さないようなミスを連発したというのです。

実は、同じように考えている経営者は他にもたくさんいます。ある業績が絶好調の建売会社の社長ですが、なぜかことあるごとに私にコンサルティングを依頼してきます。ある時、その社長に「社長ならコンサルタントなんていらないんじゃないですか?」と尋ねたことがありました。その時、社長がおっしゃったのは「社員が手がける物件なら私でもいいと思うんです。でも、私が手がける物件はどうしても主観が入ってしまう。だから、第三者の意見が聞きたいんです」とおっしゃっていました。

つまり、この敏腕経営者と同じで、できる社長は商品を客観的に見ることを大切にしているのです。人はついつい自分の価値観が一番だと思います。自分の価値観をすべての人が支持してくれると思います。しかし、それは幻想。価値観は人それぞれです。だからこそ、適切なプロセスで、適切な価格で販売することが大事なのです。そうでなければ、せっかくのいい商品もその価値が伝わらないまま在庫になってしまいます。

あなたは商品を客観的に見ていますか?
商品に惚れることは大事。しかし、惚れすぎて我を忘れてしまうことは禁物です。
そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  2. 不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?
  3. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  4. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  5. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

関連記事

  1. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    先日、ある建売会社の社長さんから商品企画についての相談がありました。…

  2. 売れる不動産会社をつくるために最も必要なモノとは?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?

    新しいことを始めると必ず起こることがあります。それが社員の抵抗。どんな…

  3. 大手不動産会社と中小零細建売会社の戦略の違い。

    不動産会社経営

    大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。

    三井不動産販売や野村不動産といった大手建売業者と中小建売業者の違いにつ…

  4. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?

    不動産会社経営

    なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?

    成功の定義は難しいものがありますが、仮に、売上や利益の額だとすると、成…

  5. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

  6. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?

    あなたは、売れる現場と、売れ残る現場の違いがわかりますか?同じ売主が、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  2. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。

おすすめの記事

  1. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  2. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?
  3. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  4. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  5. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  1. 中小建売業者を狙うホームページ制作業者にご用心。

    不動産会社経営

    中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。
  2. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?

    不動産会社経営

    営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  3. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  4. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  5. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

    不動産会社経営

    新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
PAGE TOP