儲けたかったらターゲットを変えろ!

不動産マーケティング

儲けたかったらターゲットを変えろ!

以前、ネットを見ていたら「90分待ち!?ニューヨークで超満員な日本の定食屋!!」という記事を目にしました。面白そうなので読んでみると定食屋で有名な「大戸屋」の話です。

大戸屋といえば、リーズナブルな価格で庶民的な定食屋チェーン。私も何度か利用したことがあります。そんな庶民的でリーズナブルなお店がなぜニューヨークで人気なのか?

しかも、並ぶのが大嫌いなニューヨーカーの街で90分も行列ができるのか?その上、このお店の価格設定はチップと税金を合わせると、日本のおよそ3倍の価格設定になっているそうです。

ちなみに、この記事を書いたライターさんが事務所のスタッフと、2人で利用した時は、定食2つと、ちょっとしたおつまみを注文して、支払った金額の合計がチップと合わせて約8,500円というから信じられません。

内装は高級とは言わないまでも、日本の店舗とは違い、少し小洒落た、ちょっとお高めのレストランという雰囲気だそうです。しかし、出される料理は日本とまったく同じ。

それにもかかわらず訪れる人のほとんどが、アメリカ人も、日本人も、みんな目がハートマークになるというのですから大したものです。恐るべしジャパンクオリティといったところでしょうか。

もっともここで私たちが注目しなければいけないのは、ターゲットを変えると同じ商品でも3倍の価格で売れるということです。実は、ニューヨークでは大戸屋に限らず、ラーメンで有名な「一風堂」も大人気。こちらも90分待ちは当たり前で、一風堂にリムジンで乗り付けて食べに来る人もいるそうです。

どちらも日本では庶民的なお店として人気ですが、場所を変え、ターゲットを変えることで同じ商品を高価格で販売することに成功しました。ターゲットを変え、ターゲットに合わせた内装やサービスを提供することで、同じ商品でもまったく違った価値に変えたのです。

建売住宅も然り。
同じ商品でも売る相手を変えることで利益率も変えられるということです。

物件の魅力の切り口を変え、
それを求めている人に広告する。
そうすることで新たな需要を喚起することができるのです。

例えば、サーフィンをする人に向いた設備のある家なら、サーファーが好む雑誌に広告を掲載することで、サーファーの家としての地位を築くこともできるということ。

価格は絶対的なものではありません。
価格は相対的なもの。

同じ商品でも誰に売るかによって変えられるということです。

 

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売会社はMacを使いなさい。
  2. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  4. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?
  5. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

関連記事

  1. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    ある新築一戸建ての売出し現場での話。その新築住宅は、クルマ通りの多…

  2. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  3. 本当の理由

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    以前から気になっていた建売住宅が完売しました。そこそこの激選区に登場し…

  4. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

  5. 売れない新築住宅に共通することとは?

    不動産マーケティング

    売れない新築分譲住宅に共通することとは?

    売れない新築分譲住宅を見ていて思うこと。 それは、お客様が見えてい…

  6. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    近所で建築中のスウェーデンハウスが上棟しました。工事が始まった頃から毎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  2. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  3. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  4. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  5. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  1. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  2. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  3. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。
  4. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  5. 不動産広告の8秒ルールとは?

    不動産広告

    不動産広告の8秒ルールとは?
PAGE TOP