売れる建売会社とネーミングの関係。

不動産マーケティング

売れる建売会社とネーミングの関係。

カリフォルニア工務店という会社があります。

今、もっとも勢いのある工務店と言っていいかもしれない会社です。住宅デザインからリフォーム、商業施設のプロデュースから店舗設計までこなす会社で、その工事範囲は日本全国。最近では、多くのハウスメーカー、不動産会社とコラボレーションもしています。

この会社の素晴らしさは、いろいろあるのですが、とりわけ秀逸なのがネーミングです。カリフォルニア工務店。この社名を聞いただけでこの会社がどんな家を建てるのか容易に想像できます。

「名は体を表す」ということわざがありますが、それだけネーミングは大切。
いろんな競合企業があるわけですから、選んでもらうためには、お客様の記憶に残ることが最優先事項です。それにもかかわらず、ほとんどの会社は社名や自社のオリジナル住宅についてのネーミングがイマイチ。

社名については、それぞれの経営者の思い入れがあると思いますが、マーケティングという観点で考えると、途中で変更することも選択肢の一つです。最近では、「スバル」が「富士重工業」から社名変更するようですが、社名は変えてはいけないものではありません。

会社が成長するにしたがって、社名も変わるのは致し方ないもの。それで業績が上がるなら躊躇なく変えていくべきです。ただ、社名変更に抵抗のある経営者がいるのも事実。そんな場合は、商品名を有名にしてから商品名を社名に変えるのがいいかもしれません。

前述の「スバル」などはそのパターン。富士重工業の自動車部門のネーミングが有名になったことでそれを社名に採用しています。だとすると、建売住宅のネーミングにも注意が必要です。

できることなら、建売住宅のネーミングを聞いただけでどんな家をつくる会社なのか想像できるネーミングがベスト。カリフォルニア工務店のような、ベタだけどすぐイメージできる、イメージが心地よいというネーミングが見つけられると最高です。

そのためには、ターゲットを絞ることが大切。多くの客層を狙うのではなく、あなたが一番付き合いたい客層を狙うことです。これはマーケティングの基本中のキホンですが、できている会社はほとんどありません。

きっとカリフォルニア工務店もそんな社名を付けた時は、周りの業者から揶揄されたことでしょう。でも、ありきたりのネーミングや八方美人のネーミングではお客様の記憶には残りません。

大切なのは記憶に残るネーミング。ネーミングだけで売上は変わります。そろそろ真剣に考えてみてはいかがですか。もっと簡単に売上伸びますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  2. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  3. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。
  4. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  5. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

関連記事

  1. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  2. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    売れる建売住宅をつくる上で欠かせないもののひとつ、それが「間取り」です…

  3. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。

    以前あるセミナーで、妖怪ウォッチが話題になりました。もともとはニン…

  4. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  5. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産の営業経験がある建売業者さんならわかると思いますが、お客様を案内…

  6. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  2. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  3. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
  4. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!
  5. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  1. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  2. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  3. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。
  4. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  5. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
PAGE TOP