建売会社が抱える「今、そこにある危機」

不動産会社経営

建売会社が抱える「今、そこにある危機」

ある映画の話。すべてを失った家具店主が、世界的に有名な家具チェーン店の創業者を誘拐するという、大胆不敵な計画が描かれたヒューマンドラマ『ハロルドが笑う その日まで』という映画があります。

何世代にも受け継がれていくクオリティの高い家具にこだわってきた家具店主ハロルドと、誰もが快適な暮らしを送れるよう、手頃な価格で家具を届けてきた家具チェーン店の創業者カンプラード。

ハロルドが時代に取り残され、店を失う一方、カンプラードは革新を求め、時代の最先端を走り続けてきた。このまるで対照的なふたりの人生が交差したとき、思いがけない化学反応が生まれます。

ストーリーは、ノルウェーの街、オサネで40年以上にわたり妻マルニィとともに小さくも誇り高き家具店を営んできたハロルド。しかし、世界中で展開する有名家具チェーン店「IKEA」(イケア)の北欧最大店舗がハロルドの店のすぐ隣にオープンしたことから、ハロルドの店は閉店に追い込まれます。

さらに最愛の妻を失い、怒りを募らせたハロルドが思い付いたのは、イケアの創業者、イングヴァル・カンプラードを誘拐して、復讐することだった!

おんぼろ車に乗り込み、イケアの第一号店があるスウェーデンのエルムフルトへと向かうハロルド。道中で出会った孤独な少女エバも巻き込み、極寒の地での珍道中が幕を開ける。

存命するイケア創業者が実名で描かれる前代未聞の映画でありながら、立場を超えた奇妙な交流が北欧映画ならではの絶妙なテンポ感と独特のユーモアで綴られている映画です。

ある日突然、自分の商圏に大手がやってくるというのはよくある話。家具業界に限らず、建売業界も同様のことはあります。その典型がパワービルダーですが、なぜか建売業者さんはパワービルダーの存在に危機感がありません。

本人たちは危機感を持っているつもりなのかもしれませんが、はたで見ているととてもそうは思えない。その結果、どうなっているかといえば、パワービルダーのシェアが年々大きくなっています。すでにパワービルダーの市場シェアは30%を超え、地域によっては50%を超えている場所もあります。

そうなると、もう同じ土俵では戦えません。否応なしに違う土俵へ進まなければならないのですが、その準備ができていない建売業者がほとんど。気がつけば、ハロルドと同じ。パワービルダーの創業者を誘拐するわけにはいきませんが、ビジネスは確実に行き詰まりを見せます。

そうならないためには、早めにパワービルダーと違う土俵を見つけること。そしてその土俵でNo. 1になること。それしか方法はありません。家具業界で起きていることは他の業界でも起きること。小さな会社こそ早めに考えるべきです。

 

ピックアップ記事

  1. ディズニーランドと不動産マーケティング。
  2. 相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  3. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  4. 建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!
  5. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

関連記事

  1. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    売れる建売会社をつくるのは難しい・・・と、思うことがよくあります。…

  2. できる不動産会社の経営者が最も大切にするもの

    不動産会社経営

    できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。

    以前、私の会社にいた社員の話。その社員は20代後半の真面目な社員でした…

  3. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    不動産会社経営

    不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

    建売業者さんと仲介業者さんは、本来パートナーであるべきです。しかし、そ…

  4. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    これからの建売業者にとって最も必要な能力それは、セールス力です。 …

  5. あなたの建売住宅が売れない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅が売れない意外な理由。

    多くの建売業者さんは、売れないとその原因を物件に求めます。価格が高いか…

  6. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社の経営者の悩みの一つに、離職率があります。辞めていく理由は色…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産チラシの基本7原則
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. 平町
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

おすすめの記事

  1. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  2. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  3. その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  4. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  5. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?

アーカイブ

  1. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  2. できる不動産会社の経営者が最も大切にするもの

    不動産会社経営

    できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  3. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    不動産広告

    反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  4. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  5. 建売住宅が売れない理由

    不動産マーケティング

    建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
PAGE TOP