新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

不動産広告

新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そのせいか、更地や建築中の物件についてはたいした営業をしていません。せいぜい、知り合いの仲介業者に物件を紹介するだけ。

知り合いの仲介業者も、自社でかかえている見込み客にその情報を、未公開物件として紹介する程度です。その結果、既存の見込み客が反応しなければ終わり。完成するまで放置されてしまいます。実はこの時間が問題なのです。

お客様というのは、ある日突然家を買いたくなるわけではありません。家を買うには、感情の変化があるのです。そして、その感情の変化には段階があり、段階を経るには時間が必要なんです。

つまり、土地を購入した段階から建物が完成するまでの時間をうまく利用して、お客様の感情の変化を促せば、もっと早く売れるようになるということ。それがマーケティングというものです。

ある建売業者さんは、お客様の感情の変化を促すために、小さな看板を利用しました。その現場は、人通りの多い場所。会社から近いこともあり、レストランのメニューボードを使いました。

使い方は、簡単です。メニューボード(黒板のような置き型の看板)に、チョークで今、◯◯の作業しています。というような言葉を書いて道行く人の注目を集めるようにしたのです。それも、ほぼ毎日。

目立つ文字で、作業の内容とそれが家づくりにどんな影響を与えるのか、建築中の現場はどこを注意したらいいのか、看板を見ているだけで勉強になるような言葉を日々書いていったのです。そのせいか、その物件の認知度は日を追うごとに上がっていきました。看板の前で立ち止まり、看板を読んでいる人が明らかに増えていったからです。

結果は、どうなったか?おかげさまで完成とほぼ同じ時期に完売。残念ながら、毎日看板を見ていた人が購入したわけではありませんでしたが、近所の友達からその物件の存在を知ったという人が購入してくれました。直接的ではありませんが、間接的にこの看板作戦は成功したと言えるでしょう。

大切なことは、少しでも早く、少しでも多くの人に、まずは物件の存在を知ってもらうこと。認知してもらうことです。そのためには、1日でも早く認知してもらう活動を始めること。お金がなければこの看板作戦のように自分たちでできることから始めることです。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  2. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  3. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  4. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?
  5. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

関連記事

  1. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    ある建売業者さんの話。その建売住宅は、駅徒歩3分、閑静な住宅街の東南角…

  2. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

    多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込み…

  3. 不動産はたった「ひと言」で売れる!

    不動産広告

    効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。

    私がつくる販売図面やチラシ、その他の広告には必ずあるものがついています…

  4. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

    不動産集客

    不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

    わが家のクルマがそろそろ買い替えの時期を迎えようとしています。 今…

  5. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  6. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    商品を売るとき売主は、お客様の3つの「Not」の壁を乗り越えなければな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産チラシの基本7原則
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. 平町
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

おすすめの記事

  1. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  2. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  3. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  4. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  5. 営業マンのいないオープンハウス。

アーカイブ

  1. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  2. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    不動産会社経営

    上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?
  3. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  4. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

    不動産マーケティング

    あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
  5. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。
PAGE TOP