新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

不動産広告

新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そのせいか、更地や建築中の物件についてはたいした営業をしていません。せいぜい、知り合いの仲介業者に物件を紹介するだけ。

知り合いの仲介業者も、自社でかかえている見込み客にその情報を、未公開物件として紹介する程度です。その結果、既存の見込み客が反応しなければ終わり。完成するまで放置されてしまいます。実はこの時間が問題なのです。

お客様というのは、ある日突然家を買いたくなるわけではありません。家を買うには、感情の変化があるのです。そして、その感情の変化には段階があり、段階を経るには時間が必要なんです。

つまり、土地を購入した段階から建物が完成するまでの時間をうまく利用して、お客様の感情の変化を促せば、もっと早く売れるようになるということ。それがマーケティングというものです。

ある建売業者さんは、お客様の感情の変化を促すために、小さな看板を利用しました。その現場は、人通りの多い場所。会社から近いこともあり、レストランのメニューボードを使いました。

使い方は、簡単です。メニューボード(黒板のような置き型の看板)に、チョークで今、◯◯の作業しています。というような言葉を書いて道行く人の注目を集めるようにしたのです。それも、ほぼ毎日。

目立つ文字で、作業の内容とそれが家づくりにどんな影響を与えるのか、建築中の現場はどこを注意したらいいのか、看板を見ているだけで勉強になるような言葉を日々書いていったのです。そのせいか、その物件の認知度は日を追うごとに上がっていきました。看板の前で立ち止まり、看板を読んでいる人が明らかに増えていったからです。

結果は、どうなったか?おかげさまで完成とほぼ同じ時期に完売。残念ながら、毎日看板を見ていた人が購入したわけではありませんでしたが、近所の友達からその物件の存在を知ったという人が購入してくれました。直接的ではありませんが、間接的にこの看板作戦は成功したと言えるでしょう。

大切なことは、少しでも早く、少しでも多くの人に、まずは物件の存在を知ってもらうこと。認知してもらうことです。そのためには、1日でも早く認知してもらう活動を始めること。お金がなければこの看板作戦のように自分たちでできることから始めることです。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  2. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  3. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。
  4. 即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。
  5. お金をかけずにできる超簡単な差別化戦略。

関連記事

  1. 予告広告

    不動産広告

    なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?

    よくクライアントから質問されることのひとつに、予告広告は必要ですか?と…

  2. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    不動産広告

    値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    新築一戸建てを分譲している会社や不動産仲介業者からよく聞く言葉にこんな…

  3. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

    多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込み…

  4. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  5. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    「◯◯◯が売れている。という噂は本当です。」 というチラシがありま…

  6. 不動産広告は3ヒット理論でつくれ!

    不動産広告

    不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!

    仕事柄、切羽詰まった不動産会社からの問い合わせも時々あります。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. あなたの知らないオープンハウスの現実。
  2. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  3. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  4. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  5. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  1. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  3. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  4. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  5. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
PAGE TOP