中小建売業者はモノマネをしなさい。

不動産マーケティング

松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があります。

模倣とは、簡単にいえばマネ。モデリングという言い方をする人もいますが、要するにモノマネです。儲かっている会社のマネをしましょうと言うと、罪悪感にさいなまれる人もいますが、経営資源(人、モノ、金)に限りがある中小企業では決して恥じることではありません。

あの松下電器(現在のパナソニック)の創業者、松下幸之助さんですら
「うちの商品開発部は品川になる」と公言していたといいます。

当時、ソニーの本社が品川にあったのは周知の事実。業界ではマネシタ電器と揶揄されるほど露骨にマネをしていたそうです。他にも、韓国の世界的な会社、サムソン電子(売上高約37兆円)も東京に「ソニー研究所」をつくっていると噂されるほどソニーをマネしています。

そんな世界を代表する企業ですら、ライバル企業のマネをするのですからマネもひとつの戦略。中小企業が利用しない手はありません。しかし、このモノマネ戦略、簡単かというと決して簡単ではありません。いや、むしろかなりの技術と情熱がなければうまくいかないのが難点です。

まず、重要なことはただ単に、同じ商品をつくったとしても売れないということです。そもそも本家本元がいるわけですから同じ商品なら、本家本元の商品を買われてしまいます。つまり、本家本元の商品と比べて優位に立てるものがないと後発組は勝てないということです。

松下電器がソニーのマネをして商品を開発したのに、ソニーより売れたのはソニーより強い販売力があったからでした。そもそも商品開発に多額に費用を投じていない松下電器は、ソニーと比べると安価に商品が販売できます。その上、ソニーより圧倒的に強い販売網を持っている。だから、二番手でもトップ以上の収益を上げることができたのです。

つまり、大切なことはモノマネを差別化すること。本家本元以上の何かをプラスして差別化することです。

建売住宅なら今売れている建売住宅やハウスメーカーの家を忠実にモノマネする。そして、お手本にした住宅に自社のオリジナルを付け加えるか、自社の強みを付け加える。そして本家本元以上の商品に仕上げることです。そうすれば、本家本元以上に売れるようになります。

あの経営学の巨人と呼ばれるピーター・ドラッカーも勧めるモノマネ戦略(創造的模倣戦略)。あなたもぜひ試してみてください。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  2. あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?
  3. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  4. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  5. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

関連記事

  1. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    中小企業が成長するうえで欠かせないのが、人材採用。どんな人材を採用でき…

  2. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。

    あなたの建売住宅が売れるか売れないかは、建てる前に決まります。そう、企…

  3. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

  4. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  5. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    「勝ちに不思議の勝ちあり、  負けに不思議の負けなし」野球の野…

  6. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

    昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。 高利回り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  3. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  4. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  5. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  1. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?
  2. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!
  3. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  4. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。
  5. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
PAGE TOP