中小建売業者はモノマネをしなさい。

不動産マーケティング

松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があります。

模倣とは、簡単にいえばマネ。モデリングという言い方をする人もいますが、要するにモノマネです。儲かっている会社のマネをしましょうと言うと、罪悪感にさいなまれる人もいますが、経営資源(人、モノ、金)に限りがある中小企業では決して恥じることではありません。

あの松下電器(現在のパナソニック)の創業者、松下幸之助さんですら
「うちの商品開発部は品川になる」と公言していたといいます。

当時、ソニーの本社が品川にあったのは周知の事実。業界ではマネシタ電器と揶揄されるほど露骨にマネをしていたそうです。他にも、韓国の世界的な会社、サムソン電子(売上高約37兆円)も東京に「ソニー研究所」をつくっていると噂されるほどソニーをマネしています。

そんな世界を代表する企業ですら、ライバル企業のマネをするのですからマネもひとつの戦略。中小企業が利用しない手はありません。しかし、このモノマネ戦略、簡単かというと決して簡単ではありません。いや、むしろかなりの技術と情熱がなければうまくいかないのが難点です。

まず、重要なことはただ単に、同じ商品をつくったとしても売れないということです。そもそも本家本元がいるわけですから同じ商品なら、本家本元の商品を買われてしまいます。つまり、本家本元の商品と比べて優位に立てるものがないと後発組は勝てないということです。

松下電器がソニーのマネをして商品を開発したのに、ソニーより売れたのはソニーより強い販売力があったからでした。そもそも商品開発に多額に費用を投じていない松下電器は、ソニーと比べると安価に商品が販売できます。その上、ソニーより圧倒的に強い販売網を持っている。だから、二番手でもトップ以上の収益を上げることができたのです。

つまり、大切なことはモノマネを差別化すること。本家本元以上の何かをプラスして差別化することです。

建売住宅なら今売れている建売住宅やハウスメーカーの家を忠実にモノマネする。そして、お手本にした住宅に自社のオリジナルを付け加えるか、自社の強みを付け加える。そして本家本元以上の商品に仕上げることです。そうすれば、本家本元以上に売れるようになります。

あの経営学の巨人と呼ばれるピーター・ドラッカーも勧めるモノマネ戦略(創造的模倣戦略)。あなたもぜひ試してみてください。

 

ピックアップ記事

  1. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  2. 建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!
  3. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?
  4. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  5. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜…

  2. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。

    クルマの話で恐縮ですが、建売業界にも関係する話なので少し聞いてください…

  3. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

    不動産マーケティング

    販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

    弊社のサービスのひとつに、販売図面作成サービスがあります。あなたがアッ…

  4. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

    建売住宅に限らず、住宅を販売するのに欠かせないのが女性(主婦)の目線。…

  5. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

  6. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  2. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。
  3. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。
  4. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  5. ブランディングは気遣いから。
  1. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  2. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。
  3. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?
  4. 不動産が売れない時、仲介手数料6%出しは是か非か?

    不動産売却

    不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
PAGE TOP