なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

不動産会社経営

なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

以前お会いしたある新築分譲会社の社長の話。
その新築分譲会社は小さな地方都市にあります。人口10万〜25万人程度の街に、現在5つの店舗を持っているそうです。経営はきわめて順調。安定して売上げを上げているそうです。もともとは、下請け大工のこの社長。最初は、かなり苦戦したといいます。

もうダメか・・・と諦めかけた時にあるコンサルタントと出会い、今までの自己流を反省。そのコンサルタントのアドバイスを着実に実行していくうちに、徐々に売上げも伸び、現在に至っているそうです。その会社の住宅を見てみましたが建物の仕様や外観はごく一般的なモノ。お世辞にも、建物で差別化しているとは言えません。では、どうして小さな新築分譲会社が成功できたのか?ということですが、大きな要因に、ポジショニングが上げられます。

ポジショニングとは、簡単にいえば、どこで勝負するか、という土俵のこと。新築分譲会社なら、ローコスト住宅や高級住宅、デザイナーズ住宅もあれば健康住宅もあります。その見極めと徹底が成功の要因でしょう、とその社長はおっしゃっていました。

勝負するエリアの他社のウリを徹底的に検証し、勝てるか勝てないかを判断する。勝てそうでなければその分野では勝負しない。理想としては、ガラ空きの分野。その地方都市でライバルがいない分野を攻めて勝つという、弱者の地域一番店戦略を確実に実施したそうです。

もちろん、まったく他社が手を付けていない分野なんてありません。どこもそれなりに、手あかのついた分野ばかり。しかし、弱そうなところはあります。その弱そうな分野を、徹底的に攻めれば後発の新築分譲会社でも活路は見いだせる、そう信じてやってきたそうです。

興味深かったのは、その徹底ぶり。
勝負する分野によってクルマや従業員の服も変えているというのです。パワービルダーが分譲するようなローコスト住宅を売る店舗の場合は、利用するクルマはプリウス。社員の服装は、作業着にネクタイまたは一般的なスーツ。それに対して、デザイナーズ住宅を売る店舗の場合は、利用するクルマはレクサス。社員の服は、ジャケットにシャツ。ネクタイは着用しない。というように客層に合わせて分けているところ。店の雰囲気も全く違います。来店するお客様が好む店舗やクルマ、社員の服装で、売る商品と会社や社員のイメージを合わせ、安心感を与えているのです。

もちろん、そこまでしなくてもある程度は売れます。
しかし、そこまでするからこそ、その分野で一番になれたとも言えます。お客様の取りこぼしがないからです。きっとライバルはそこまで徹底していないでしょう。「そんなこと」とその事実を聞いてもバカにするかも知れません。しかし、事実は事実。つまらないことかもしれませんが、そんなつまらないことが大きな成果を生み出すのです。

実際、売っている物件と会社のイメージ、社員のイメージが合わない会社はたくさんあります。もしあなたの会社の売上げが伸び悩んでいるとしたら、それはイメージに一貫性がないからかもしれません。

あなたの会社のイメージはどうですか?
物件のイメージと統一できていますか?

イメージを統一するだけで取りこぼすお客様は激減します。これは事実です。一生懸命やっているのに売上げが伸びない・・・そんな時は、会社のイメージを統一することが必要かもしれません。物件、会社、社員、この3つのイメージが統一されたとき、売上げはもっと簡単に上がります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  2. これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  3. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  4. なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  5. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

関連記事

  1. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    中小建売業者さんのなかには、販売は大手不動産仲介会社に任せる、という会…

  2. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。

    不動産会社経営

    長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。

    仕事柄、多くの不動産会社の経営者にお会いする機会があるのですがうまく行…

  3. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  4. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。

    以前、ある新築分譲会社をコンサルティングした時の話。 その業者さん…

  5. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不景気になってくると増える質問が、どうすれば売れますか?という質問です…

  6. 即日完売できる建売業者になるための欠かせない習慣。

    不動産マーケティング

    即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。

    もしあなたが、本気で即日完売できる建売業者になりたいのなら、これだけは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  2. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  3. 不動産はAIDMAの法則で売れ!
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

    不動産マーケティング

    成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  2. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    不動産集客

    あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  3. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

    不動産広告

    不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  4. 不動産会社経営

    建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  5. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
PAGE TOP