パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

不動産マーケティング

パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

以前、コンサルティングをしたある建売業者さんの話。
従業員は社長と社員2名の小さな建売業者さん。年間の販売棟数は、10棟前後。神奈川の郊外で、小さいながらも堅実にやってきた業者さんです。一時はかなり羽振りが良かったそうですが、最近はパワービルダーに押されて、以前のような羽振りの良さはなくなってきたとのこと。仕入れもかなり苦戦しているそうです。

そのため、最近の仕入れはパワービルダーと競合しないような少し売りにくい土地ばかり。駅から遠かったり、道路が狭かったり、崖地だったりという土地が増えています。当然のことながら売れ行きは良くありません。そんな土地でも仕入れ値は決して安くないからです。

建物はといえば、これがまた特徴のない建物。パワービルダーの建物とほとんど同じ。それでいて、価格はパワービルダーより高い、場所は悪い、となれば売れないのは当たり前。何か手を打たなければいけませんが簡単ではありません。私に相談があった時点では、すでに値下げを繰り返した後。もうこれ以上値下げはできない。資金的な余裕はない・・・という状況でした。

取りあえず、まずは現地訪問。何かお金をかけないでできる方法はないかを探ります。いくつかアドバイスはしたのですがそれだけでは心もとないのが正直なところ。そこで、ひとつだけお金をかけてやってもらったことがあります。それが、外構工事。外構工事といってもお金はほとんどありませんから、大掛かりなことはできません。やってもらったのは、庭に芝生を貼ってもらったこと。それだけ。

実際には、社員さんが芝を買ってきてご自分でやっていらっしゃいました。しかし、これが結構効果があるのです。通常、パワービルダーや中小の建売業者さんは、庭に芝生を貼りません。庭らしきスペースはあっても土のまま。せいぜい庭木が数本植えてある程度。多くの建売業者さんが必要最低限の外構で終わらせています。そこを逆手に使うのです。他者が力をかけていない部分は、もっとも差別化しやすいところ。他者との違いがはっきりわかりますから、お客様にアピールしやすい。そこを狙うのです。

おすすめは芝生。青々とした芝生は小さいながらも庭が欲しいと思っている日本人には最高のアピールポイント。費用対効果で考えるとやらない理由がない部分です。今回はそれをやってもらいました。効果はてき面。そこそこスペースのある庭だったせいか、見栄えは一新。結構、イケてる新築に変わりしました。

それから1ヶ月。芝生効果のせいかどうかは定かではありませんが無事、完売となりました。もちろん、庭に芝生を貼れば売れるという単純なものではありません。しかし、そんな単純なことでも差別化を繰り返せば成約率は上がります。大切なことは、他社がやっていないことで自分ができることをやること。何でもいいから行動に移すことです。

あなたの物件には芝が貼られていますか?
もし売れていないならまずは芝を貼ることからはじめてみましょう。
意外とすんなり売れるかもしれませんよ。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  2. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  3. 新築分譲住宅は現場力が決め手。
  4. 建売業界に迫る不都合な事実。
  5. 売れる建売会社とネーミングの関係。

関連記事

  1. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産の営業経験がある建売業者さんならわかると思いますが、お客様を案内…

  2. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

  3. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

  4. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    ジャパネットたかたが、福岡市に初の実店舗を開設しました。これまでは自前…

  5. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。 左脳…

  6. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    売れる建売住宅をつくる上で欠かせないもののひとつ、それが「間取り」です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  2. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  2. 不動産営業マンは見た目が9割!?
  3. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  4. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  5. その色使い、間違っていませんか?
  1. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。

    不動産会社経営

    倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  2. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  3. 売れない新築住宅に共通することとは?

    不動産マーケティング

    売れない新築分譲住宅に共通することとは?
  4. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  5. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    不動産売却

    あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
PAGE TOP