ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

不動産マーケティング

ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

通信販売大手、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明さんが、第一線から退きました。独特な甲高い声と親しみのある語り口で人気となり、20年以上カメラの前に立ち続けた高田社長。最終回のテレビショッピングは過去の出演者も総出で、涙、涙、の伝説の番組になったそうです。

そんな高田社長に対して、堀江貴文氏のTwitterへの投稿が話題になりました。「高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません」

それに対しての読者の反応は様々。「ジャパネットで買うのはネットにつながっていないテレビだけのおばあちゃんくらいだな」「完全同意。バナナの『たたき売り商法』と同一である」という人もいれば、「商売なんて少なからずそういうところあるだろう」「ジャパネットのが高いのは確かにそうですがネット環境が無いところもありますからね。そういう意味では社会的意義はあるかと」「楽しんでショッピング出来ればそれはそれで良いのかもですよ」という意見もありました。

確かに、ジャパネットの商品は決して安いわけではありません。ネットで検索すればもっと安く売っている店もあることでしょう。どこよりも安く商品を買いたいという人から見れば社会的意義はないのかもしれません。

しかし、世の中は価格が全てという人ばかりではありません。価格より価値を大事にする人もいます。実際、ジャパネットは自社の商品がどこよりも安いとはひと言も言っていません。商品の機能や使い方をわかりやすく説明して、お客様の悩みを解消する商売をしているだけ。

そのために、自社でコールセンターを持ち、多くの従業員を雇ってお客様の質問や不安に答えながら商品を売っています。他にも、まとまったお金のない人でも買いやすいように金利手数料ジャパネット負担という分割での買い方も提供していますし、パソコンに不慣れな人には、自宅まで担当者が訪問してパソコンの使い方やプリンターの設定をしてくれるサービスもあります。

これらのサービスは、それを必要とする人にとってはかけがえのないもの。ジャパネットで買う理由があるのです。最新の商品をどこよりも安く販売することだけが企業の社会的意義ではありません。最新のスペックが必ずしも生活に必要だとも限りません。

大切なことは、その商品を利用するとどんな風に生活が変わるのかをわかりやすく提示すること。そして、それを安心して購入できるようにしてあげることです。そうすれば、商品は最安値でなくても売れますし、お客様も満足して購入してくれます。私はジャパネットの売り方こそ中小不動産会社が参考にすべき売り方だと思います。あなたはどう思いますか?

 

ピックアップ記事

  1. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  2. その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  3. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  4. 建売会社が信じる間違った広告常識。
  5. 不動産集客はGISポスティングの時代。

関連記事

  1. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。

    実は、建売業者さんの売上を確実に伸ばす方法があります。成功率は、ほぼ1…

  2. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜…

  3. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

    建売住宅や建築条件付きの売地の販売でよく建売業者さんが陥るのが、選択肢…

  4. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。

    先日、TVを見ていたらアート引越しセンターのCMが流れていました。アー…

  5. 儲けたかったらターゲットを変えろ!

    不動産マーケティング

    儲けたかったらターゲットを変えろ!

    以前、ネットを見ていたら「90分待ち!?ニューヨークで超満員な日本の定…

  6. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    不動産マーケティング

    販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    最近、ホームページのリニューアルの相談が増えています。その際に、まずお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  2. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  3. これでもパワービルダーと闘いますか?
  4. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  5. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  1. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。
  2. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
  3. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  4. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    不動産集客

    楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。
  5. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
PAGE TOP