ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

不動産マーケティング

ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

通信販売大手、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高田明さんが、第一線から退きました。独特な甲高い声と親しみのある語り口で人気となり、20年以上カメラの前に立ち続けた高田社長。最終回のテレビショッピングは過去の出演者も総出で、涙、涙、の伝説の番組になったそうです。

そんな高田社長に対して、堀江貴文氏のTwitterへの投稿が話題になりました。「高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません」

それに対しての読者の反応は様々。「ジャパネットで買うのはネットにつながっていないテレビだけのおばあちゃんくらいだな」「完全同意。バナナの『たたき売り商法』と同一である」という人もいれば、「商売なんて少なからずそういうところあるだろう」「ジャパネットのが高いのは確かにそうですがネット環境が無いところもありますからね。そういう意味では社会的意義はあるかと」「楽しんでショッピング出来ればそれはそれで良いのかもですよ」という意見もありました。

確かに、ジャパネットの商品は決して安いわけではありません。ネットで検索すればもっと安く売っている店もあることでしょう。どこよりも安く商品を買いたいという人から見れば社会的意義はないのかもしれません。

しかし、世の中は価格が全てという人ばかりではありません。価格より価値を大事にする人もいます。実際、ジャパネットは自社の商品がどこよりも安いとはひと言も言っていません。商品の機能や使い方をわかりやすく説明して、お客様の悩みを解消する商売をしているだけ。

そのために、自社でコールセンターを持ち、多くの従業員を雇ってお客様の質問や不安に答えながら商品を売っています。他にも、まとまったお金のない人でも買いやすいように金利手数料ジャパネット負担という分割での買い方も提供していますし、パソコンに不慣れな人には、自宅まで担当者が訪問してパソコンの使い方やプリンターの設定をしてくれるサービスもあります。

これらのサービスは、それを必要とする人にとってはかけがえのないもの。ジャパネットで買う理由があるのです。最新の商品をどこよりも安く販売することだけが企業の社会的意義ではありません。最新のスペックが必ずしも生活に必要だとも限りません。

大切なことは、その商品を利用するとどんな風に生活が変わるのかをわかりやすく提示すること。そして、それを安心して購入できるようにしてあげることです。そうすれば、商品は最安値でなくても売れますし、お客様も満足して購入してくれます。私はジャパネットの売り方こそ中小不動産会社が参考にすべき売り方だと思います。あなたはどう思いますか?

 

ピックアップ記事

  1. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。
  2. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  3. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  4. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  5. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

関連記事

  1. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    ある新築一戸建ての売出し現場での話。その新築住宅は、クルマ通りの多…

  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    不動産マーケティング

    販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    最近、ホームページのリニューアルの相談が増えています。その際に、まずお…

  3. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    売れ行きの悪い物件を抱えた多くの建売業者さんや不動産会社が犯すミスがあ…

  4. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

  5. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?

    建売住宅を売るのは難しい・・・と普通の人は思っています。実際、建売業者…

  6. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産チラシの基本7原則
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. 平町
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

おすすめの記事

  1. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  2. あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  3. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  4. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  5. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

アーカイブ

  1. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?
  2. 正しいオープンハウスのやり方。

    不動産売却

    正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  3. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。

    不動産売却

    あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  4. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
  5. 中小建売業が陥る、間違いだらけの成功法則。

    不動産会社経営

    中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。
PAGE TOP