不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

不動産集客

不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。

わが家のクルマがそろそろ買い替えの時期を迎えようとしています。
今年に入って、なぜかトラブル続出。まぁ、すべて経年劣化が原因なのですが、トラブルは続くときは続くもの。予定外の出費がかさんでいます。そうなると考え出すのが買い替え。このまま修理して乗り続けるべきか、いっそ新しいクルマに乗り換えるか。あと3ヶ月で車検。急激にクルマに対する関心が高まってきました。

そうなるとどうするか?
まずは、ネットで各社のクルマを調べ始めます。実は、今のクルマを購入したときの営業マンがとてもいい人で、ことあるごとに、便宜を図ってくれたり、声をかけてくれた人。そのため、次に買い換えるときは、この人から買ってあげたいと思っていました。当然、その会社のクルマを第一に調べているのですが、欲しいクルマが見つからない。

ホームページも、隅から隅まで読んでいるのですが、どうしても購買意欲をそそるクルマが見つからないのです。そうすると、ついつい他メーカーのクルマにも目が向いてしまいます。あの営業マンから買ってあげたいと思う反面、高いお金を出して妥協したクルマに乗ってもなぁ・・・という自分がいるのも事実。結構、心は揺れています。

選択肢は3つ。修理してこのまま乗り続ける。営業マンのために妥協して購入する。他メーカーのクルマに乗り換える。人間というのは不思議なもので一度欲しいという欲求が芽生えるとなかなか止めることはできません。むしろ、クルマの情報を集めば集めるほど、その欲求は高まっていきます。正直なところ今の気持ちは8割方、買い替え。後は営業マンのメーカーか他のクルマメーカーのどちらに私を説得させる材料があるかどうかにかかっています。

私のケースで面白いのは、実は私は営業マンにも他のメーカーにも一切接触していないこと。すべてネット上の情報で、自分の買うクルマを決めようとしていることです。もちろん最終的にはディーラーに行って実際のクルマを見ることにはなりますが、その時は、すでに自分の気持ちがほぼ固まっているとき。よほど、がっかりするような出来事がない限り意思は変わりません。

もちろん私のような買い方をする人ばかりではありませんが、ネットに慣れ親しんだ人には私と同様の買い方をする人が増えています。特に、営業マンのあしらい方が下手な人にはその傾向が強い。そうなってくると商品が売れるかどうかは、ネット上の情報力によるということです。ネット上にどれだけ情報があるか。その情報は見込み客を説得できるような情報か。それによって売上は大きく左右されるということです。これは、何もクルマに限ったことではありません。住宅も同じ。真剣に商品の購入を考えている人ほどたくさんの有益な情報を必要としているからです。

あなたの会社は、お客様が必要としている情報を提供していますか?
お客様が自分自身を説得できる情報を提供していますか?

情報量、情報力と売上は比例します。
これ、とっても重要ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  2. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  3. 売れる商品企画はマンション業者に学べ!
  4. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  5. チームの生産性を上げるコツとは?

関連記事

  1. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    不動産広告

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    「広告を出しても反応がない・・・」仲介業者からよく聞く言葉です。 …

  2. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  3. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  4. 不動産はたった「ひと言」で売れる!

    不動産広告

    効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。

    私がつくる販売図面やチラシ、その他の広告には必ずあるものがついています…

  5. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  6. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!

    自社で現地売出をやったことのある不動産業者ならわかると思いますが、折り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  2. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  3. こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  4. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!
  5. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  1. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  2. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。
  3. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  4. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。

    不動産広告

    反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  5. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
PAGE TOP