不動産広告でもっとも重要なパーツとは?

不動産広告

不動産広告でもっとも重要なパーツとは?

不動産チラシや不動産広告、ホームページ、販売図面を制作していると、たまにクライアントから言われることがあります。それは、キャッチコピーが刺激的過ぎるということ。

刺激的過ぎるというのはまだいい方で、
ちょっと恥ずかしい・・・
もう少し普通のキャッチコピーになりませんか・・・というのもあります。

大抵は、キャッチコピーの意図を伝えて納得していただくのですが、クライアントによっては変更を余儀なくされるケースもあります。当然、変更を余儀なくされたケースは反応率は最悪。効果はでません。

では、なぜ普通のキャッチコピーにすると反応率は悪くなるのでしょうか?
答えは、簡単です。

その他大勢のチラシや広告の中に埋もれてしまうからです。

チラシなどの広告でお客様がその広告が自分によって有益かそうでないかを判断する時間は、0.3秒と言われています。営業マンから送られてきた販売図面など知り合いからの情報でも、その時間は3秒程度。その間に、このチラシ(広告)はあなたにとって有益ですよ、ということを伝えなければならないのです。

もしその時間内に魅力が伝わらなければチラシ(広告)は速攻でゴミ箱行き。
どんなに素晴らしい内容が書かれていてもです。

では、チラシや広告が速攻でゴミ箱行きにならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
デザイン、レイアウト、写真、本文などチラシや広告には様々な要素がありますが、その中でももっとも重要なのが、キャッチコピーだと言われています。

現代広告の父と呼ばれ、広告業界において、 最も信頼される人物の一人であるデイヴィッド・オグルヴィはこう言います。「広告の成否の80%は、キャッチコピーで決まる」と。それほどキャッチコピーは重要なのです。

そんな重要なパーツであるキャッチコピーが刺激的でなかったら、
他の不動産会社のチラシや広告に書かれているようなありふれたキャッチコピーだったら、

きっとあなたの物件はお客様の目に入ることはないでしょう。
目に入らなければ存在しないのも同じ。

どんなに素晴らしい物件でもお客様がその存在を知らなければ購入することはできないのです。
キャッチコピーで大切なことは、お客様に振り向いてもらうこと。その一点に尽きます。

刺激的で結構。
恥ずかしくて結構。

売るためにはそれくらいの覚悟が必要です。

 

ピックアップ記事

  1. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  2. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。
  3. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  4. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  5. 不動産営業マンは見た目が9割!?

関連記事

  1. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びに…

  2. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

    多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込み…

  3. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  4. 不動産広告はwantsを引き出せ!

    不動産広告

    不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

    枕ひとつが、25,000円〜35,000円と聞いてあなたはどう思うでし…

  5. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    不動産広告

    値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    新築一戸建てを分譲している会社や不動産仲介業者からよく聞く言葉にこんな…

  6. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

    不動産広告

    真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

    仕事柄、いつもどうしたら売れるだろうということを考えています。住宅業界…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  2. 建売業者は売れた理由に執着しろ!
  3. 大成功する不動産会社の社長に必要な資質とは?
  4. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  5. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  1. 口コミ

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、口コミで評判を広げる裏技とは?
  2. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
  3. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。
  4. これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産会社経営

    これからは建売会社もソフトの時代。
  5. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
PAGE TOP