今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

不動産マーケティング

今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。
ひとつは、お客様(エンドユーザー)を満足させること。
もう一つは、仲介会社の営業マンに気に入られること。
どちらも当たり前のことですが、意識してやっている新築一戸建て分譲会社は多くはありません。

そんななか、仲介会社の営業マンにやたら受けがいい分譲会社があります。いつも売りやすい物件を提供しているからというわけではなく、どちらかというと立地や価格は普通の物件。それにも関わらず、営業マンがこぞって現地を案内するその理由は、

「現場がキレイ」だということ。

現場の整理整頓、掃除が徹底されているからです。私も何度か建築中の現場を見ましたが、そのキレイさにはビックリ。これが建売住宅の現場?というのが正直な感想。パワービルダーの現場を見慣れているせいかその美しさには感動すら感じました。当然、営業マンもその違いには気づきます。建物重視のお客様には、建築中のきれいな現場を見せて、他社との違いを実感させます。目に見える違いですからお客様も納得しやすいのがポイント。「腕のいい職人は現場がキレイ」という理屈は、お客様を説得しやすいのです。

では、最初からキレイだったのかというとそうではありません。
この会社の社長は、不動産仲介業から建売業界へ参入した社長。
ある時、社長がお客様を案内していると汚い現場を見たお客様がこういったそうです。
「この現場は見なくていいわ。どんな建物が建つか想像できるから・・・」
結局、クルマから降りることなく他の現場へ。最終的に一番キレイな現場の物件を購入したそうです。

それ以来、自社の物件は掃除を徹底することにしたそうです。最初は職人に嫌がられたそうですが、ひるむことなく掃除と整理整頓を徹底。何度も工務店を変え、ようやく今のキレイな現場をつくりだしたそうです。

「セールスポイントが見つからない・・・」と悩む社長さんがたくさんいらっしゃいます。
その時にまず私がおすすめするのが現場の掃除、この社長さんの成功事例です。掃除はお金をかけずにできます。職人がやってくれなくても自分でできます。仮に、毎日がムリでも週末の案内前だけなら可能です。

たかが掃除、されど掃除。
そんな簡単なことで成約率が上がるならやらない手はありません。もしあなたが自社のセールスポイントで悩んでいるなら、まずは掃除からはじめましょう。もっとも簡単で、もっとも効果的な方法ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  2. どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  3. 売れない時は、世阿弥に学べ。
  4. いつまでワンマン経営を続けますか?
  5. これからは建売会社もソフトの時代。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  2. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  3. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。

    先日、TVを見ていたらアート引越しセンターのCMが流れていました。アー…

  4. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産会社の中には、勝てば官軍という考えを持つ人が多い。要するに、売れ…

  5. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。

    以前あるセミナーで、妖怪ウォッチが話題になりました。もともとはニン…

  6. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  2. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  3. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  4. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  5. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  1. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  3. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  4. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
PAGE TOP