「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

不動産広告

「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

本や雑誌が売れなくなった、と言われて久しいですが、そんな出版不況の中でも健闘している雑誌があるといいます。部数を減らす雑誌と部数を維持する雑誌。その違いを調べてみると不動産販売にも応用できるヒントが見えてきます。

2008年以降からの雑誌の発行部数を調べると、全体として市場が縮小しているのはもちろんのこと、とりわけ落ち込みが激しいジャンルがあります。それが、以下のような特徴を持った雑誌です。

・インフルエンサー(モデルや読者モデル)が主体になっているギャル誌
例:2008年最盛期の41万部から、6年間で4分の1の11万部に減った「ポップティーン」

・情報単位で流通できる内容となっている情報誌
例:2008年時の27万部が8年間で19万部に減った「anan」

・20代前半〜後半向けのファッション誌 
例:2006年最盛期の80万部から、11万部まで部数を減った「cancam」です。

ギャル誌の不況の原因は、インフルエンサー(モデルや読者モデル)が、インターネットを使って自分で発信しはじめ、同年代の読者がそちらをフォローし始めるようになったため。 以前は雑誌がカリスマとなる読者モデルを発掘して、紙面上でそのライフスタイルを発表していたのですが、インフルエンサーたちが雑誌というメディアを介さないで直に情報を発信するようになったからです。

また、ギャル雑誌に次いで落ち込んでいるのが、情報単位で流通できる内容をサマリーにした雑誌です。情報誌は、映画、飲食店などの定量的な情報をサマリーにして掲載してたため、映画の上映情報はウェブの映画サイトに代替えされ、飲食店の情報は「食べログ」などの膨大なデータベースに代替えされてしまいました。

そして、最も部数を減らしているのは、20代前半〜後半向けのファッション誌です。ファストファッションの台頭により、雑誌を見なくてもある程度着こなしができるようになったことや、ファッションコーデを閲覧できるアプリやウェブで無料閲覧できるサービスが増えたことが原因だと考えられています。

そんな出版不況の中で健闘しているのが、マガジンハウスの「Hanako」という雑誌です。2008年時に9万部だった発行部数は2015年時に8万7千部とさほど部数を減らしていません。カフェの特集や自由が丘などスポットガイドなど、一見東京ウォーカーのような情報誌と同様に見えますが「よりビジュアルを重視し、雑誌を雑貨化する」というコンセプトで2009年にリニューアルをかけたそうです。

ビジュアルを重視することで、単に情報を得るための媒体ではなく、“眺めていて楽しい” “生活空間に置いておきたい” “何度でも触れたい”と思わせることに成功したのが部数を落とさないコツだといいます。

それに対して不動産販売では、ビジュアルはほとんど考慮されてきませんでした。販売図面はもちろん、ウェブサイトの写真も素人のやっつけ仕事。ないよりはマシ、という程度のものがほとんどです。だとすれば、「Hanako」のようにビジュアルを強化するだけでお客様の注目は大きく変わるということ。購買意欲も増すということです。

たかが、ビジュアル。
されど、ビジュアル。

あなたも売れる雑誌を真似してみませんか?
効果は実証済みですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  2. 建売業者も営業力の時代。
  3. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  4. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  5. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

関連記事

  1. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    不動産集客

    楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    昔、コンサルタントの間で”楽天迷子”(らくてんまいご)という言葉が流行…

  2. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    不動産集客

    あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    日経MJによれば、食品スーパーのサミットが、ビギナーにもわかりやすい「…

  4. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  5. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  6. 大幅値引きしましたの間違い

    不動産集客

    建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。

    ある新築住宅の現場を視察したときのこと。 現地を訪れてまず目に飛び…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
  2. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  3. 残念なオープンハウス。
  4. 不動産販売における重要な非必需品とは?
  5. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  1. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    不動産広告

    売れる建売会社になるために必要な予算とは?
  2. プレミア消費

    不動産マーケティング

    中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
  3. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  4. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?
  5. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
PAGE TOP