伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

不動産会社経営

伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

建売業界というか、不動産業界の悪習のひとつに、売れないのは価格が高いからという考えがあります。間違っているわけではありませんが、正しいわけでもありません。

ただ、この結論を持っていると頭を使わなくてもいい、自分で考える努力をしなくてもいいというメリットがあります。売れ行きが悪ければ、原因は価格。価格さえ適正であれば売れるのに・・・と自分たちの努力不足を棚にあげることができるからです。

そのため、いつまで経っても売れる建売住宅がつくれない。売るためのノウハウが身につきません。コンサルティングの現場に目をやると伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違いは、逃げ道を持っているか持っていないかによることが大きいようです。

逃げ道とは、売れないのは価格のせいという考え方。この考え方を止めた業者さんは伸びる確率が一気に高くなります。実際には、自分の意思で止めれる人は少ないのですが、切羽詰まってもう価格のせいにできない状態の人は意外とすんなり取り組むことができます。いわゆる、崖っぷちに追い込まれた人です。

これ以上値下げする余地がない。
広告宣伝費もない。

ないないづくしで、最終期限が決まっていると人は動くもの。今まで無理だと思っていたハードルを簡単に飛び越えることができます。ただ、現実問題として本当に切羽詰まってしまうと多くの人は思考回路が停止してしまいます。行動力は出てきても何をしたらいいのかわからない、気持ちだけがあせって行動できないという状態です。そうならないためには、余裕のある時期に自分を追い込むこと。価格のせいにしないという習慣を身につけることです。

あるクライアントは、1年ほど前に値引きしないと決めました。そこそこ売れていた時期だったので余裕があったともいえます。その時に、これからは一切値引きしないと決めたのです。

正直、その後は大変でした。不動産仲介業者がその考えに異論を持っていたからです。そうは言ってても背に腹は変えられないから売れなくなったら値引きする、とたかをくくっていたからです。実際、値引きしないと伝えた後も何度も値引き交渉してくる業者がありました。

しかし、必死になって、やせ我慢しながら耐えました。正直にお話しすると、一度だけ40万円の値引きに応じたそうです。しかし、値引きに応じたのはその一度きり。今ではあの会社は値引きしないというイメージが仲介業者にも定着。今では値引きに応じていた価格のほとんどを建物に使っているので、地元では値引きはしないけどいい物件をつくる会社として存在感を増しています。

あなたもこれからは値引きしないと自分に宣言してみてはいかがですか?自分で逃げ道を塞いだ時、あなたの頭は一気に能力を発揮します。今までの自分は何だったんだと思えるほど成長しはじめます。覚悟ができたら試してみてください。人生が面白く回転しはじめますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 日当たりの悪い家の売り方。
  2. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  3. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  4. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  5. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?

関連記事

  1. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    仕事柄、多くの建売業者さんとお会いすることがあります。儲かっている会社…

  2. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    勉強好きな経営者の方に、時々質問されることがあります。 そのひとつ…

  3. 売れる不動産会社になるための非常識のススメ

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。

    不動産会社、新築分譲会社向けのサービスのひとつに売れる販売図面作成サー…

  4. 建売住宅が売れない理由

    不動産マーケティング

    建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?

    建売業界の抱える問題のひとつに時流が読めていないという問題があります。…

  5. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?

    クリナップの「クリンレディ」というシステムキッチンが好調らしい。そ…

  6. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社の経営者には2つのタイプがあります。 ひとつは、厳しく社…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産チラシの基本7原則
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. 平町
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

おすすめの記事

  1. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  2. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  3. 不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。
  4. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  5. 大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。

アーカイブ

  1. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  2. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  5. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    不動産会社経営

    大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
PAGE TOP