建売業界に迫る不都合な事実。

不動産会社経営

建売業界に迫る不都合な事実。

先日、ある記事を見ていたら興味深い統計がありました。
業界人としては見逃せないデータなのであなたと共有したいと思います。

それは、持ち家比率。日本人の持ち家比率が年々低下しているというのです。特に、住宅の一次取得のメイン層である30代、40代の持ち家比率がここ25年で大きく低下しています。

30代の持ち家比率は、1988年には約50%であったのが、2013年(最新データ)では、35%強になっています。また、40代においては、1988年には約70%だったのが、2013年には60%を割り込んでいます。

バブル経済、バブル崩壊、リーマンショックなど様々な出来事があったこの25年ですから欲しくても買えなかったというのも考えられます。

しかし、「住宅の所有に関する意識の変化」を見てみると、長い間80%超の方が「土地・建物の両方を所有したい」と答えていましたが、近年は減りつつあり、80%を切るようになってきました。

一方で、近年増えているのは、「賃貸住宅で構わない」という人です。最新の「世代別 住宅の所有に関する意識」調査をみると、20代・30代・40代の「賃貸住宅で構わない」の多さが目立っています。(50代以上のおよそ2倍)

考えられる理由は、まず第一に「景気が安定せず、給与の増加が見込めない、非正規雇用が増えている」こと。そのため、大きな住宅ローンを抱えることに不安があるのでしょう。

次に考えられるのは、コミニュティ形成の難しさ。ライフスタイルや考え方など、多様化が進む日本社会では、近隣世帯との結びつきが希薄になっています。さらに、近くに住む人との関係が上手くいかなければ、つらい思いで毎日を送らなければなりません。

しかし、引っ越ししようにも、持ち家で多額の住宅ローンをかかえているのでは、簡単に引っ越すわけにもいきません。そんな煩わしさがあるならば、気軽に引越しできる「賃貸住宅がいい」と考える人も多くなっているのではないでしょうか。

このような背景が、持ち家志向を低くし、賃貸派を増やす要因となっているのです。この傾向は、人口流入が多い大都市ほど強く、これから更に増えることでしょう。

つまり、建売業者は購入人口がこれからも減り続けるということを前提にビジネスを組み立てる必要があるということです。誰もが建売住宅で儲かる時代は終わりました。これからは知恵のある建売業者が勝つ時代。

現実を受け止め、早めに準備に取り掛かりましょう。
今までのやり方では生き残れませんよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。
  2. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!
  3. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  4. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。
  5. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

関連記事

  1. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    仕事中毒のように、ろくに休みも取らないで働いている経営者のあなたにぜひ…

  2. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    不動産会社経営

    中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

    最近、ブランド力を強化したいという相談が増えています。少しでもライバル…

  3. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

    あなたは読書が好きですか?読書というとなんだか優雅な感じがしますがビジ…

  4. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    不動産会社経営

    上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    私の好きなコトワザのひとつに人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうが…

  5. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?

    不動産会社経営

    なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?

    成功の定義は難しいものがありますが、仮に、売上や利益の額だとすると、成…

  6. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

おすすめの記事

  1. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  2. 100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす…
  3. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
  4. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  5. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  1. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  2. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  3. 成約率を上げる!商談スペース・モデルハウスの必需品とは?

    不動産マーケティング

    これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  4. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  5. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
PAGE TOP