たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

不動産会社経営

たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

先日、あるクライアントさんにこんな質問をされました。それは、これからの建売業界はどう思いますか?という質問。これからの建売業界・・・。あなたは、これからの建売業界について真剣に考えたことがありますか?実は、私はこの問題についてはよく考えています。なぜなら、かなり悲観的に思っているからです。

今までの建売業界は、恵まれた業界でした。正直、大したスキルがなくても、お金と度胸さえあれば売れた時代だったからです。もちろん、大きくなった会社はお金と度胸以外にも優れたノウハウがあったからですが、そうでない会社もそれなりに生きてこられた業界です。

実際、新規参入は多く、誰もがいつでも建売住宅をはじめられた時代。バブル崩壊やリーマンショックなど大変な時代もありましたが、圧倒的な需要で乗り越えて来られました。しかし、そんなやさしい時代はもう終わっています。

人口は減少の時代に入り、住宅は有り余っている。賃貸を含め、中古住宅、中古のリノベーション住宅、新築マンション、中古マンション、中古のリノベーションマンションなど、住む場所の選択肢は広がるばかり。もう昔のように、新築の建売住宅に憧れを抱く人は多くありません。

とりわけ、リノベーション住宅は今後大きな脅威になっていきます。お客様の趣味嗜好でリノベーションできる住宅は、都会を中心に大きなブームになることは明らか。すでにその兆候はあちこちで見られます。

現在は、まだ一部の人々だけですが、これがカッコイイ、イケてる、というムーブになると、一気に火がつきます。そうなると今までの建売住宅は古臭く感じてしまう。大量生産、大量消費の時代の遺物のような存在になりかねません。

もちろん、建売住宅も売り方次第では十分対抗できます。そのためには、大量生産、大量消費の時代の売り方を180度変えることです。つまり、個人にあわせたオーダーメイドの建売住宅をつくること。それができれば、また新たな市場を開拓できるでしょう。

大切なことは、時代の変化を敏感に感じ取ること。そして、半歩先の商品を提案することです。あなたはこれから建売業界はどうなると思いますか?今までのやり方で成長できると思いますか?まずは冷静に建売業界を取り巻く現実を見つめましょう。そうすれば自ずと回答は見つかります。やるべきことが見えてきますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
  2. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  3. 不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!
  4. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  5. 不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?

関連記事

  1. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

    先日、面白い話を聞きました。それは、「人間は95%昨日と同じ行動を…

  2. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    総務省統計局によると、平成24年2月時点で全国にある企業数は412万8…

  3. 売れない時は、世阿弥に学べ。

    不動産会社経営

    売れない時は、世阿弥に学べ。

    「風姿花伝」という書物があります。 世阿弥が残した能の理論書ですが…

  4. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不景気になってくると増える質問が、どうすれば売れますか?という質問です…

  5. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    先日、ある建売会社の社長さんから商品企画についての相談がありました。…

  6. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    不動産会社経営

    老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    コンサルティングをしていてよく思うことがあります。 それは、成功す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  2. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  3. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
  4. 売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  5. できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  1. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    不動産マーケティング

    スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。
  2. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?
  3. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    不動産集客

    売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
PAGE TOP