あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。

不動産マーケティング

あなたの物件が常に営業マンから注目されるようにする方法。

先日、ある本を読んでいたら脳について面白い記述がありました。
カエルの脳と人間の脳の違いについてです。

ウシガエルの脳は、重さ約24グラム。それに対して人間の脳は、その約60倍。脳の機能という点では、人間はカエルに対して相当優位です。

人間の脳のうち、意外なほど大きな部分が、目を使う能力と、見たものに対して行動を起こす能力です。見たばかりのものに対して素早く反応するには脳組織のうち、かなりの部分が必要となるそうです。

それほど見たものに対して行動を起こす能力が優れているにもかかわらず、人間はカエルのようにハエを舌で捕まえることはできません。

わずか24グラム、人間の脳の約60分の1しかないにもかかわらず、カエルは空を飛ぶハエを捕まえられますが、人間にはそれができません。

なぜカエルにはそんなことができるのか?ということですが、それはカエルが脳を最適化しているからです。実は、カエルは動きのないものはほとんど何も見えていません。つまり、カエルは環境における変化しか見ていないのです。

カエルの脳が得意なのは一つだけ。動く虫を求めて空を見張ること。周囲の動かない環境を無視して、新しいことだけに注意を集中することで、カエルはハエを捕えることにかけては人間よりもはるかに優れているのです。

実は、人間もカエルと同じように脳を最適化しています。
私たちが毎日受けとる情報は膨大です。それをすべて自分の脳で処理しようと思うと脳は膨大なエネルギーと時間を必要とします。

当然、それだけのエネルギーも処理する時間もありませんから、人間もカエルと同じように処理しないものを決めます。それが、変化しない情報です。私たちの脳は何よりもまず変化に気づくように最適化されています。つまり、新しいものには反応し、古いものには反応しないということです。

何が言いたいのかというと、
私たちがお客様に提供する情報も古くなってしまうと、無視されるということです。

例えば、販売図面。
レインズに登録していても更新されないと営業マンはその情報を無視するようになります。営業マンが見ているのは、新しい情報。レインズ上で変化のあった情報だけです。それ以外はそこに情報が存在しても見えていません。

もっと言えば、同じ情報でも販売図面自体を新しく作り直すことで、新しい情報のように見えるということです。セールスポイントを変える、写真を変える、キャッチコピーを変えるなど変化させるだけで同じ物件でも新しく見えるということです。

あなたの物件は、変化していますか?
市場に注目してもらうには変化が大切。変化し続けることで、注目度はアップし、成約率も高まります。お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  2. 驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  3. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  4. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  5. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

関連記事

  1. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    近所で建築中のスウェーデンハウスが上棟しました。工事が始まった頃から毎…

  2. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。

    実は、建売業者さんの売上を確実に伸ばす方法があります。成功率は、ほぼ1…

  3. 相場より900万円高い土地の売り方。

    不動産マーケティング

    相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?

    あなたは相場よりかなり高い土地を仕入れたことはありませんか? 建売…

  4. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。

    「わかっちゃいるけど、変われない・・・」そんな経営者がたくさんいます。…

  5. 成約率を上げる!商談スペース・モデルハウスの必需品とは?

    不動産マーケティング

    これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?

    販売にはいろんなテクニックがあります。小手先のテクニックではありますが…

  6. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。

    商品企画を考えるとき、ついつい陥ってしまう罠(ワナ)があります。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。
  2. あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
  3. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。
  4. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  5. なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?
  1. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  2. 不動産マーケティング

    物語が売上を伸ばす時代。
  3. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

    不動産会社経営

    不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
  4. 不動産が売れない時、仲介手数料6%出しは是か非か?

    不動産売却

    不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  5. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
PAGE TOP