ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

不動産広告

ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。

先日、新築一戸建てを分譲している業者さんから広告についての相談がありました。
その不動産会社は自社で販売も手がける業者さん。営業マンが4人いる会社です。

現在の集客方法は、新聞の折込チラシとインターネット。
インターネットの集客は、まあまあなのですが、新聞折込がさっぱり集客できなくなってきたというのです。

ここで考えなければいけないのが、集客する媒体の特性。それぞれの媒体には、得意なターゲットというのがあるからです。つまり、得意なターゲットにあなたの狙うお客様がいないと、どれだけお金をかけても集客はうまくいきません。それを見極める必要があるのです。

今回のケースでいえば、インターネットは反響があるようですので狙ったターゲットが含まれているということでしょう。問題は、新聞折込チラシ。ここに、あなたの狙うターゲットがいない可能性が高いのです。実は、新聞購読者はここ数年大きく変化してきました。そう、新聞自体を読まない人が増えているのです。

ある研究機関の調査によれば、新聞を定期購読していない人の割合は、
30代で、約50%、
40代で、約40%にもなるそうです。
一方で、60代以上では、約70%の人が定期購読しているという事実もあります。

つまり、最近の新聞購読者は、高齢化しているということ。住宅を購入する30代〜40代の世代ではおよそ半分の人がそもそも新聞を読んでいないということなのです。これでは、新聞折込チラシが反響がないのは当たり前。何も対策を講じないとお金をドブに捨て続けることになります。

対策としては、チラシの内容を変えることと、チラシを配布する媒体を変えること。
チラシの内容を変えるのは、少しテクニックが必要ですので、おいおいやっていくとして、すぐにできることは、広告媒体を変えることです。

私のおすすめはポスティング。

建売住宅の購入者のほとんどが賃貸マンションやアパート、分譲マンションからの転居組だということを考えればこれほどターゲットにマッチした媒体はないでしょう。配布エリアも自由に決められる上、新聞を定期購読していない人にもアプローチできます。また、チラシ単体での配布もできますし、地域のミニコミ紙に折込広告として配布することもできます。

コスト的にも、自社でポスティングすれば費用を浮かせることもでき、地域のミニコミ紙への折込は新聞折込より費用も安いのでまさに一石二鳥。やらない理由が見つかりません。もしあなたが新聞折込で集客しているなら今すぐポスティングに変えましょう。それだけで反響の数は大きく変わります。オススメですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?
  2. 建売会社はマンション客を狙え!
  3. アラサー世代が好むインテリアとは?
  4. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  5. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

関連記事

  1. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    セブンイレブンのコーヒーが買いやすくなったと話題になっています。 …

  2. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    日経MJによれば、ブルボンのお菓子「濃厚チョコブラウニー」が人気です。…

  3. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。

    私たちのサービスのひとつに売れる販売図面という、販売図面作成サービスが…

  4. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?

    NYにある有名レストランの話。NYミシュラン5年連続受賞に輝く日本人経…

  5. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    ある建売業者さんの話。その建売住宅は、駅徒歩3分、閑静な住宅街の東南角…

  6. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    不動産広告

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    「広告を出しても反応がない・・・」仲介業者からよく聞く言葉です。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  2. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。
  3. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  4. 昔の常識に惑わされていませんか?
  5. 過去の失敗にとらわれていませんか?
  1. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    不動産会社経営

    建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。
  2. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    不動産マーケティング

    不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  4. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    不動産会社経営

    売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  5. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?
PAGE TOP