売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!

不動産会社経営

売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!

あなたの会社の建売住宅をあなたの販売エリアでNo. 1にする。そのために必要なことって何かわかりますか?なかなか難しい質問ですが、私は仲介業者をあなたの会社のファンにすることだと思っています。

多くの建売業者さんは、レインズやアットホーム、そして知り合いの仲介業者を通じて自社の建売住宅を販売しています。売主直売で販売している会社もありますが、No. 1にするのであれば直販より仲介業者を利用した方が効率的。利益率は下がるかもしれませんが売り上げは伸びます。

その理由はなぜか?それは見込み客との接点が増えるから。見込み客にあなたの物件を紹介する機会(これを顧客接点といいますが)顧客接点が増えれば増えるほど売れる確率は高くなるからです。

そしてもうひとつ重要なことは、この顧客接点が濃ければ濃いほど売れる確率はもっと高まるということ。顧客接点が濃い、とはどういうことかというと、見込み客に接するときに、営業マンが積極的にその物件を勧めるかどうかということ。営業マンが自信を持って、その物件を勧めることができるかどうかによって顧客接点は濃くなります。

当たり前といえば当たり前の話しですが、営業マン自身がその物件のことをよく理解し、好きになっていれば自然と熱心に説明できるもの。その情熱は意図しなくてもお客様に伝わるものです。そんな情熱を持って伝えられる物件にあなたの物件がなれるかどうかがポイントです。

そのためには、まず仲介業者をあなたの会社のファンにすることが必要です。ファンにする方法をいくつか挙げるとまず、仲介業者が売りやすい環境を提供することでしょう。販売物件の資料を充実させたり、販売図面をわかりやすくすることです。現地の写真はもちろん、小中学校までの距離や時間など、営業マンがわざわざ調べなくても済むようにしてあげることが大切です。他にも現地の写真や動画なども効果的です。

実際、あなたもレインズを利用してみるとわかりますが、写真が登録されている物件はほとんどありません。現地を見るのが営業マンの仕事ではありますが、事前に見られればそれに越したことはありません。

他にも、販売図面に地番表記をしている会社がありますが、これは住居表示に変えるべきです。営業マンからすれば地番表記は場所がわからないので意味がありません。カーナビやインターネットで調べられる表記に変えるべきです。

これらはほんの一例ですが、とにかく営業マンが楽をできるようにすること。営業マンから重宝がられる会社に変えることです。そうすれば自然とあなたの会社のファンになります。ファンになれば当然、その会社の物件は勧めたくなるもの。あなたの会社の市場での認知率も上がり、ブランド力もつきます。

あなたの会社は仲介業者から好かれていますか?
まずは、仲介業者を味方につけましょう。あなたの会社のファンにしましょう。
それだけで売り上げは簡単にアップしますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  2. 日当たりの悪い家の売り方。
  3. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
  4. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
  5. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?

関連記事

  1. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    以前お会いしたある新築分譲会社の社長の話。その新築分譲会社は小さな…

  2. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    不動産会社経営

    どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?

    経営者にとって、売上アップは避けて通れない課題。だから、真剣。もちろん…

  3. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    ある映画の話。すべてを失った家具店主が、世界的に有名な家具チェーン店の…

  4. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

    先日、面白い話を聞きました。それは、「人間は95%昨日と同じ行動を…

  5. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

  6. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。

    以前、ある新築分譲会社をコンサルティングした時の話。 その業者さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  2. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。…
  3. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…
  4. あなたの感性は時代に合っていますか?
  5. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?
  1. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  2. いつまでワンマン経営を続けますか?

    不動産会社経営

    いつまでワンマン経営を続けますか?
  3. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?

    不動産売却

    話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  4. 建売会社のホームページのつくり方。

    不動産会社経営

    建売会社がホームページをつくる前に考えるべきこと。
  5. これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産会社経営

    これからは建売会社もソフトの時代。
PAGE TOP