販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

不動産マーケティング

販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

弊社のサービスのひとつに、販売図面作成サービスがあります。あなたがアットホームに依頼して作成してもらうあの販売図面です。それを改良してより成約率を高くするのが目的なのですが、正直、成約率が上がるケースもあれば上がらないケースもあります。

上手くいくと、1年近く売れなかった物件が、わずか3週間で完売、などということもありますが、平均すると販売図面を変えただけで成功する確率は3割程度。決して万能ではありません。

そんな販売図面ですが、使い方によってさらに成約率を上げる方法があります。実際にこのやり方で在庫物件を売り切った社長の方法をご紹介しましょう。

ステップ1:レインズ&アットホームに登録。
レインズだけでも効果はありますが、アットホームも利用するとより効果があるのも事実。費用対効果を考える必要がありますが、早急に売却したい場合はアットホームも利用した方がいいでしょう。

ステップ2、レインズは2週間に1度更新。
レインズは登録するだけではすぐに効果がなくなります。2週間に一度更新して、営業マンの目に触れる確率を上げましょう。

ステップ3、現地周辺の不動産会社へ資料を送付。
現地周辺の不動産会社をすべてピックアップします。FAX番号はもとより住所、メールアドレスも拾いだします。過去に名刺交換したことのある営業マンの名刺があれば、それもリストに加えます。そして、リストの会社、営業マンに販売図面を送付します。一番効果的なのは郵送。営業マン宛に販売図面を郵送します。その際にひと言お願いの言葉を添えておくとより効果的
です。

まあ、どれも面倒な作業ですが、これを実行するかしないかで同じ販売図面でも成約率は大幅に変わります。理由は簡単です。どれだけ魅力的な販売図面でも営業マンに確実に認識してもらうことは困難だからです。

広告の世界には有名な言葉があります。
3Not!と呼ばれる言葉で、

お客様は広告を
「読まない」Not Read
「信じない」Not Believe
「行動しない」Not Act というもの。

あなたがどれだけ一生懸命販売図面をつくっても、忙しい営業マンは

「販売図面を見ない」
「販売図面に書いてあることを信じない」
「販売図面を見てもお客様に紹介しない」ものです。

だから、こちらから積極的にアピールすることが重要なのです。レインズやアットホームに掲載されているからすべての営業マンが見ている、お客様に紹介してくれているというのは、幻想です。

一番いいのはあなたが販売図面を手渡しして、お願いすること。それが叶わないなら、それ以外の方法(FAX、メール、郵送)で確実に営業マンの手に届けることです。

それだけで2割は売れる確率が高まります。
チャレンジしてみてください。

 

 

ピックアップ記事

  1. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。
  2. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  3. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  4. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  5. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。

関連記事

  1. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。 …

  2. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    人間とは不思議なもので、いつの間にか自分の常識が世間の常識だと思ってし…

  3. 即日完売できる建売業者になるための欠かせない習慣。

    不動産マーケティング

    即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。

    もしあなたが、本気で即日完売できる建売業者になりたいのなら、これだけは…

  4. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。

    「何であんな物件が売れるんだ!」「俺なら絶対買わないけど・・・」 …

  5. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    不動産マーケティング

    あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    建売住宅の場合、完成物件はそのままモデルハウスです。新築マンションやハ…

  6. 二匹目のドジョウを狙え

    不動産マーケティング

    建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。

    以前コンサルティングした建売業者さんの話。完成してからかれこれ半年。全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  2. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  3. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  5. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント…
  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。
  3. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。
  4. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  5. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
PAGE TOP