本当の理由

不動産マーケティング

知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。

以前から気になっていた建売住宅が完売しました。そこそこの激選区に登場した建売住宅。総戸数は3戸ほどの小さな建売住宅ですが、価格は決して安くありません。競合と比べてもかなり高め。そして何より線路沿いですから、決して売りやすい物件ではありません。

唯一のメリットは、商品企画がいいところ。ターゲットを絞って、ターゲットが好みそうな雰囲気のある家を建てています。実際、完成した物件は結構インパクトのある家になっていました。

思わず内覧したくなるような家でしたが、実際に購入したくなるかは評価の分かれるところ。どんな結果が出るのか、興味津々でしたが完成して1ヶ月ほどで完売したようです。大手不動産会社も競合する激選区ですからある意味びっくり。どんな人が購入したのか興味が湧いてきます。

そこで大切になってくることが、売れた理由です。なぜ、お客様は数ある競合物件の中からその物件を選んだのか?その決定的な理由です。その理由を知ることが、次の売れる現場をつくるヒントになります。

もちろん、選んだ理由は一つではないかもしれません。いろんな理由があったことでしょう。それをできるだけたくさん集めることが次の売れる物件への糧になります。

いつ頃から探していたのか?
今までにどんな物件を見たのか?
この物件を購入するに当たって他に検討した物件はなかったのか?
なぜその物件にしなかったのか?
どんな媒体を利用して家探しをしたのか?
その家の情報はどうやって見つけたのか?
物件のどこに一番魅力を感じたのか? 等々

聞きたいことは山ほどあります。それをできるだけ多く集める。そうして売れるヒントを蓄積していくのです。まあ、建売会社にとっては基本中のキホンですが、実際にできている会社は多くはありません。大抵は、売れてよかったよかったでお終い。

なぜ、売れたのかを検証していない会社がほとんどです。そのため、本当の理由がわからず自分たちの思い込みでビジネスを続けることになります。

売れるのには売れる理由があります。売れないのにも売れない理由があります。それをできるだけリアルに体験すること。それが生きた経験です。まずは、自社のお客様からはじめましょう。購入の決め手になった理由を尋ねましょう。これ以上、貴重な経験はありませんよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 新築分譲住宅は現場力が決め手。
  2. 不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?
  3. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  4. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  5. 人はなぜ借金してでも家を買うのか?

関連記事

  1. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    新潟県三条市にタダフサという包丁メーカーがあります。昭和23年創業の老…

  2. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    私の仕事は、コンサルタント。コンサルタントと言っても様々な分野がありま…

  3. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければなら…

  4. 購入者の属性、把握していますか?

    不動産マーケティング

    購入者の属性、把握していますか?

    私が口を酸っぱくするほどクライアントさんに言うことの一つが、「購入…

  5. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    私のクライアントさんや、メルマガ、ブログの読者さんには、いい家をつくる…

  6. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  2. 中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。
  3. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。
  4. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  5. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?
  1. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  2. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。

    不動産マーケティング

    あなたの物件が常に営業マンから注目されるようにする方法。
  4. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  5. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?
PAGE TOP