時代認識、間違っていませんか?

不動産会社経営

あなたの時代認識、間違っていませんか?

売上に苦しんでいる経営者に共通していることがあります。
それは、時代認識の欠如。時代認識を間違えているということです。

日々仕事をしていると、時代認識ということは特別考えなくなります。それ自体は仕方ないことですが、会社の売上が伸び悩んできたり、同じことをやっているのに望む結果が出なくなったら、時代認識が狂ってきたサイン。一度じっくり考えるべきです。

とりわけ、現在50代以上の経営者は要注意。
それ以下の経営者も50代以上の経営者をお手本にビジネスを立ち上げた人は注意が必要です。

なぜ、注意が必要かというと、現在の50代以上はバブル期を経験しているから。住宅業界の全盛期を経験しているからです。住宅にしろその他の商品にしろ、全てのモノにライフサイクルがあります。

ライフサイクルは大きく4つの時期に分かれ、導入期、成長期、成熟期、衰退期があります。当然、それぞれの時期によってビジネスの仕方は異なります。

導入期では、商品の認知度が低いため、認知度を上げることが重要な戦略になります。
それに対して成長期は、マーケットが猛スピードで拡大していく時期。だから、モノさえあれば売れる時期です。建売業界で言えば、仕入れさえできれば、勝手に売れていく時期です。

そして次に訪れるのが、成熟期です。成熟期になると、需要と供給が逆転し、供給過剰が起こります。その結果、在庫が膨らんで売れない会社が増え、必然的にディスカウントが起こります。いわゆる安売り、価格競争です。

それ以外にも、成熟期には多様化という現象が起こります。個人の価値観が多様化し、万人受けする商品が逆に売れなくなります。つまり、時代が変わるということは、商品も売り方も変わるということ。

その時代に合った商品、売り方をしないと売れないということです。成長期には、販売なんて考えなくても仕入れさえできれば売れました。しかし、今は成熟期。成長期のやり方では売れません。

それを成長期に全盛期を迎えた経営者は理解できないのです。理解しようとしているのでしょうが、年をとると変化することが苦手になります。だからどうしても過去の成功体験に頼ってしまう。そして泥沼にはまってしまうのです。

そんな泥沼から抜け出すには、時代認識を改めること。成長期のやり方は通用しないと悟ることです。それができないなら、後継者に道を譲ることです。商品企画や販売戦略に口を挟まないことです。

時代は変わります。
消費者の意識も変わります。
だとすれば、経営者の意識も変わらなければついていけません。
50代以上の経営者は心して変化に努めましょう。それがもうひと花咲かせる唯一の方法です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  3. 建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!
  4. 不動産広告にマイナス表現は必要か?
  5. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

関連記事

  1. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

  2. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採…

  3. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    不動産会社経営

    不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    ある地方に伝説の工務店があります。今から16年前に社長一人ではじめた工…

  4. 大手不動産会社と中小零細建売会社の戦略の違い。

    不動産会社経営

    大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。

    三井不動産販売や野村不動産といった大手建売業者と中小建売業者の違いにつ…

  5. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    不動産会社経営

    中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    フレッシュネスバーガーってご存知ですか? フレッシュネスバーガーは…

  6. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

    不動産会社経営

    不動産会社が陥る、成功体験の罠。

    コンサルティングをしていていちばん厄介だなと感じることはその人の成功体…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 営業マンを一瞬でいい人にする方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  2. あなたが値下げ前にやるべきこととは?
  3. あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  4. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  5. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  1. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。
  2. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?

    不動産広告

    不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  3. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。

    不動産会社経営

    建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  4. こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  5. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
PAGE TOP