ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

不動産マーケティング

ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組むべきことがあります。それは、イメージ戦略。あなたの建売住宅はライバルとどこが違うのか?そして、その違いが地域No. 1であるということをイメージで定着させることです。

その際によく言われることは、うちの物件にはライバルに勝てる部分がない、という言い訳。ライバルに勝てる部分がなければ、そもそもどこよりも売れる物件にはなりません。だから、最初にすべきはライバルに勝てる部分をつくること。

ポイントは、全ての分野でライバルに勝てるようにする必要はないということです。何か一つでもライバルに勝てる部分があればそれで勝負できます。できれば、その「何か一つ」がお客様にとって魅力のあるもの、ライバルの物件にはないものであれば、より強力な武器になります。

先日、ある人からダイソンの掃除機についての話を聞きました。ダイソンの掃除機というと、「吸引力が変わらないただ1つの掃除機」というキャッチコピーが思い出されます。世界で一番吸引力の強い掃除機というイメージがありますが、実は、吸引力はライバルと比べると弱いそうです。

実際に、国民生活センターがダイソンの掃除機と他社の掃除機の吸引力の比較調査をしたそうですが、その結果はとても興味深いものになりました。

というのも、日本製の掃除機の紙パック式やサイクロン式などの掃除機は、一定のゴミを吸い込むと吸引力が低下するのに対して、ダイソンの吸引力は、ゴミを吸い込んでも吸引力はまったく変わりませんでした。

但し、”低い吸引力”で。

そうなんです。ダイソンの掃除機の吸引力はゴミを吸い込んでも変わらないのは事実ですが、それはライバルの吸引力より低いレベルで変わらないだけ。ライバルと同じ条件ではないのです。一瞬、詐欺のように感じますが、ダイソンの広告に嘘はありません。

比較する部分が違うだけ。
戦う土俵が違うだけです。

しかし、ダイソンは比較する部分を変えることによって、イメージを確保することに成功しました。

吸引力が変わらない=吸引力が強い

というイメージをつくり、その分野でのNo. 1という地位を確保したのです。だから、あなたもあなたのエリアでダイソンと同じ戦略を取ればNo. 1になれるということ。

ライバルに勝てる部分を無理やり見つけてその分野でのNo. 1であるかのように見せつける。嘘はダメですが、戦う土俵を変えるのはアリ。とにかく、どこかの部分でNo. 1になることです。

あとは、そのイメージを植え付けるよう広告戦略を練ること。そうすれば、あなたもダイソンのように売れ続ける建売会社をつくることができます。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!
  2. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  3. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  4. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  5. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?

関連記事

  1. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

  2. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    不動産広告

    売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    建売業者さんをコンサルする上でいつもネックになること、それが、広告宣伝…

  3. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  4. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  5. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  6. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    先日、ある有名なコンサルタントが経営者を集めて面白いセミナーを開催しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  2. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  3. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  4. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  5. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  1. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  2. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  3. 購入者の属性、把握していますか?

    不動産マーケティング

    購入者の属性、把握していますか?
  4. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
  5. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?
PAGE TOP