値引きしないで売れる建売会社の条件とは?

不動産マーケティング

どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?

わが家の愛犬が入院することになりました。
数日前から突然、食べ物を吐くようになり、昨日は1日に5回も。
最初は何か変なものでも食べたのかな、程度にしか考えていませんでしたが、こうなると大変。

昨夜は、一晩中看病。
朝イチでかかりつけの動物病院に連れて行きました。
レントゲンを撮って、血液検査をして、いろいろと調べてもらったのですが、はっきりした原因は不明。すでに脱水症状を起こしていたのでそのまま入院。点滴をして、バリウムを飲んで、再検査することに。検査の結果によっては、内視鏡で原因を探すそうです。

わが家にとっては、一大事なのですが、実はこの過程であなたのビジネスの参考になることがあります。
それは、価格の問題です。

レントゲン、バリウム、内視鏡、入院などわが家にとっては大きな出費が予想されます。
しかし、この過程でお金については一切問題にしていません。

それは、命の問題だからでしょ・・・という人もいるかもしれませんが、命の問題でも、お金はお金。
いくらぐらい掛かるのか、ほかにもっと安く治療してくれるところはないのか?
など考えても不思議ではありません。

しかし、今回はお金の話はしませんでした。
理由は、この先生を信頼しているから。
よその動物病院より良心的だと信じているからです。

実際はどうかわかりません。
他の動物病院の方が腕がいいかもしれません。
もっと安いかもしれません。

しかし、わが家の経験ではこの先生に任せておけば後悔はないと思えるからです。
もともとこの動物病院は、私のお客様の紹介でした。以前通っていた動物病院の評判があまりよくなかったこと、金儲け主義が鼻について来たことなどがあり、どこか信頼できるところはないかと思っていたとき、たまたま紹介されたのが今回の病院です。

正直、はじめは半信半疑でした。
人の評価というのはそれぞれですから。

しかし、ネットでの書き込みや実際に病院に行ったときの印象などから信頼できそうだと思えたのです。
以前通っていた病院は、おしゃれな外観で院内もとてもキレイ。ガラス張りの洒落た動物病院でした。

しかし、今回の病院は、決してキレイとはいえない小さな動物病院。
おしゃれな雰囲気なんてどこにもありません。

しかし、一番大きな違いは、先生がすべて担当してくれること。
以前の病院のように、若いインターンのような先生が診ることはありません。

どんなに忙しくても(実際、相当忙しいのですが)いつも院長先生が診てくれます。
担当者が代わることがない安心感。
ベテランだという安心感。
真面目そうだという安心感。
そんな安心感が相まって信頼につながっています。

ビジネスにおいて売主とお客様の究極の関係は師弟関係だといわれています。

売主が先生、買主が生徒という関係ができると価格の問題はなくなります。
信頼している先生が勧める商品を値切って買う人はいないからです。

今回の私の場合もそう。
信頼している先生だからこそ価格のことは問題にしていません。

実際は問題にしていないわけではありません。
妻とは「いくらぐらいかかるかな」「結構するんじゃない」などと、かなり心配しています(笑)。

でも、この先生ならぼったくられることはないと思えるのです。

家を売るのも同じです。
家づくりのプロ、先生という地位を築けば値引きという問題からは解消されます。

大切なことは、その分野、そのエリアでプロフェッショナルだと認知されるようになることです。
あなたはプロフェッショナルだと思われていますか?

お客様からこの人はプロだと思われるような人になった時、ビジネスは一瞬で安定します。
これ、かなり重要です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  2. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
  3. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。
  4. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  5. 売れる建売会社とネーミングの関係。

関連記事

  1. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  2. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    ビジネスを長く継続させる上で、重視しなければいけないことが2つあります…

  3. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

  4. 不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産業界に限らず、中小企業はいい意味でも悪い意味でもワンマン経営の会…

  5. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    あるメンズアパレル通販会社の話。新しい会社ながら、最近めきめきと売上げ…

  6. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。…
  4. あなたの知らないオープンハウスの現実。
  5. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  1. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  2. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。
  3. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  4. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
  5. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
PAGE TOP