営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

不動産マーケティング

営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

建売業者さんによくある勘違いのひとつに、レインズやアットホームで情報を公開すれば、物件情報はすべての不動産業者に伝わる、という勘違いがあります。

これはまさに、勘違い。情報を掲載することと、相手がその情報を認識することは全く違います。つまり、この物件良さそうだな、今度あのお客様に紹介してみよう!と思ってもらってはじめて情報が届いたということです。そうでなければ、情報は掲載されていても見えていないのと同じ。意識されていなければ掲載されていないも同じです。

実際、現代人が得ている情報のうち頭に入っている情報は、与えられた情報の、0.004%。ほとんどの情報が目に入ってきても頭の中では認識されていないということです。だから、レインズやアットホームに情報を流しただけでは不十分。その情報を確実に仲介会社の営業マンに伝える必要があります。

では、どうすればいいのか?

いくつか方法があるので簡単に説明しましょう。

ひとつめは、販売図面を強化すること。強化の仕方はいろいろありますがひと目で物件の魅力が伝わるよう写真やキャッチコピーを使うことです。(売れる販売図面サービスはこちら

2つ目は、物件写真を登録すること。レインズの場合は、写真を登録すると写真が登録されているという青いマークが付きます。営業マンによっては写真のある物件から見るという人もいるので、写真を掲載する方がより見られる確率は上がります。もちろん、写真はキレイに撮ること。汚い写真では印象が悪くなってしまい逆効果です。

3つ目は、2週間に1度、再登録すること。レインズは登録から2週間を経過すると再登録できます。再登録すると日報にも掲載されるので営業マンの目に留まりやすくなります。

4つ目は、近隣の不動産業者へDMを送ること。DMで一番手っ取り早い方法は、あいさつ文を書いて販売図面と一緒に近隣の不動産業者へ郵送で送ることです。担当者がわかれば担当者宛に、担当者がわからなければ代表宛に送ること。FAXでもしないよりはマシですが、写真が真っ黒になってしまうため物件の魅力が十分に伝わりません。より効果的なのは、カラー印刷されたキレイな販売図面を送ること。郵送で物件情報を送る業者はほとんどありませんから目立ちます。

そして5つ目は、これらの作業を繰り返し行うこと。再登録にしろ、DMにしろ一度や二度やっただけで結果がでるほど甘くはありません。何度も繰り返しやることで認知され成約する確率が高まります。

大切なことは、これらの作業を習慣化すること。日常業務にすることです。それだけで成約率は今の何倍にも上がります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  3. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  4. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  5. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

関連記事

  1. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。

    いい家をつくりたい、 いい家で差別化したい、 という建売業者さ…

  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  3. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  4. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。

    先日、TVを見ていたらアート引越しセンターのCMが流れていました。アー…

  5. その不動産営業、煽りすぎていませんか?

    不動産マーケティング

    その不動産営業、煽りすぎていませんか?

    よくテレビで「行列のできる店」のような番組を見かけます。 先日も、…

  6. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?

    建売住宅や建築条件付きの売地の販売でよく建売業者さんが陥るのが、選択肢…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  2. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  3. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  4. なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  5. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

    不動産会社経営

    残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  3. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  4. 売れない原因の見つけ方。

    不動産マーケティング

    売れない原因の見つけ方。
  5. 購入者の属性、把握していますか?

    不動産マーケティング

    購入者の属性、把握していますか?
PAGE TOP