大幅値引きしましたの間違い

不動産集客

建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。

ある新築住宅の現場を視察したときのこと。
現地を訪れてまず目に飛び込んできたのが

「大幅値引きしました!!
 3,980万円→3,480万円
 今がチャンスです!!」

という現地看板。現地看板といっても仲介業者がつくった捨て看板を建物に貼付けただけの簡単なもの。駐車場や玄関ドアなどいたるところにそんな看板が貼付けてあります。ひとことで言えばドン・キホーテのような安っぽい雰囲気の現場。あとから聞いたのですが売主は仲介業者に任せっきりだったため現地がどんな雰囲気になっていたかは知らなかったそうです。まぁ、値下げ物件ではよく見かける光景ですが決して褒められた売り方ではありません。

そもそも、「大幅値下げしました!!」というのは、

「高すぎて売れません!」
「この家は売れ残りです!」

と、宣言しているようなもの。

それを魅力的だと感じる人もいるかもしれませんが、売れ残りという印象を持つ人も少なからずいます。特に高額商品では、値下げは諸刃の剣。うまく利用できれば一瞬で在庫処分できますが失敗するとさらに損失が広がります。

では、どのように値下げを利用して高額商品を売ったらいいのでしょうか?

それは、こっそり値下げを伝えること、です。

この現場のように大きな声で不特定多数の人に向かって値下げしましたと宣言するのではなく、小さな声で特定の人だけに、値下げとその理由をささやくこと。これが一番効果があります。

お客様は安物が欲しいわけではありません。いい物を安く購入したいのです。だから、物件の価値を下げるようなことはしてはいけません。

今回の例でいえば、物件の価値は3,980万円のまま維持しておくこと。その上で、特定のお客様だけに特別な条件(例えば、今月中に契約していただけるならという条件)をつけて500万円値引きするのです。

大切なことは、物件の価値を下げないこと。むしろ、一般的な3,980万円の物件より高そうに見える工夫をすることです。あなたの現場は安っぽくなっていませんか?値下げする時ほど、安っぽくならない工夫が必要ですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。
  2. 建売業者は広告力を磨け!
  3. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  4. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。
  5. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?

関連記事

  1. 不動産集客

    売れる不動産広告をつくるための基本のキホン。

    不動産会社にとって広告と売上は表裏一体の関係。売れる広告がつくれれば必…

  2. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  3. 新築分譲住宅は現場力が決め手。

    不動産集客

    新築分譲住宅は現場力が決め手。

    ある新築分譲住宅の販売現地でのこと。 売主業者さんから現地を見てア…

  4. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    不動産集客

    楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    昔、コンサルタントの間で”楽天迷子”(らくてんまいご)という言葉が流行…

  5. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    不動産広告

    今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    私のつくる販売図面や広告は文字が多い。そのせいか、初めて販売図面や広告…

  6. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?

    あるマンション再販業者さんからのクレームの話。 知り合いの建売業者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  2. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。
  3. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  4. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。
  5. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  1. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?
  2. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  3. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  4. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  5. バブル世代の価値観が通用しない理由。

    不動産マーケティング

    バブル世代の価値観が通用しない理由。
PAGE TOP