購入者の属性、把握していますか?

不動産マーケティング

購入者の属性、把握していますか?

私が口を酸っぱくするほどクライアントさんに言うことの一つが、
「購入者の属性を知れ!」ということ。

どんなに今売れていても、
どんなに自慢の家をつくっていても、
購入者の属性を知ることを怠っていてはいづれ大きなしっぺ返しを受けます。

それほど重要な購入者の属性。

購入者の属性とは、
・家族構成
・年齢
・職業(勤務先)
・住宅ローンの額
・頭金(誰が出したのか)
・現在住んでいる家の場所と種類
(賃貸マンションかアパートか社宅か)
・購入理由
・どれくらい探していたのか(期間)
・仲介業者はどこか?

などなど、とにかく聞けることはすべて聞くというのが大切です。
しかし、現実はほとんどの建売業者さんが購入者の属性を十分に把握していません。

把握していない理由は2つ。
ひとつは、お客様を見つけるのは仲介業者の仕事だと思っているから。
もう一つは、それを知ってもメリットがないと思っているからです。

しかし、それは私たちコンサルタントからすると大きな間違い。
なぜなら購入者が誰かを知らなければ、その人たちを喜ばす商品はつくれないからです。

先日もある会社の会議で、社長がこんなことを言っていました。
その会社としては、かなり高額な建売住宅の販売を計画していました。
その額は7,000万円超。

都内の物件ですから、それくらいの価格にはなるのですが、有名なデザイナーの力を借りてかなりイケるプランができました。当然、社長も納得すると思いきや、いきなりデザインにクレームをつけてきたのです。詳しいことは省きますが、要するにこのプランでは7,000万円を超える物件を購入する人にはふさわしくない、ということ。

7,000万円を買う人はお金持ちなんだから、もっとお金持ちの気持ちになって考えろ、というのです。もちろん、この社長が最近の購入者のデータを把握している上で、そんな話が出てきたのなら納得できます。

7,000万円の新築一戸建てを購入する人の年収が3,000万円以上ばかりというなら、わかります。しかし、現実は違います。都心で7,000円程度の物件を購入する人はそんな高額所得者ばかりではありません。

7,000万円程度の借り入れなら、世帯年収が900万円もあれば十分。以前、私が仲介したお客様は、ご主人の年収が550万円、奥様の年収が350万円という共働きのご夫婦でした。

購入した理由は、会社に近いからというのが最大の理由。子どもがいないので、なんとか払っていけるというのです。つまり、7,000万円程度の物件であれば、そこそこの企業に勤めている共稼ぎ夫婦なら購入できるということ。独身でもそこそこの収入のある人なら購入できるということです。

逆に、4人家族で子どもの教育費にお金がかかる世帯では年収1,000万円を超えていても厳しいのが現実。そんなことが、購入者の属性を把握していくと自然に見えてくるのです。

売れる建売住宅をつくるには、購入者の属性を知ることが欠かせません。今、どんな人が、なぜ購入しているのか。それを知ることを忘れた時、会社の衰退は始まります。

 

 

ピックアップ記事

  1. お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  2. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!
  3. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  4. 建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  5. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

関連記事

  1. 建売住宅を即日完売させるための3原則

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。

    建売住宅が売れるかどうか、いや、モノが売れるかどうかは次の3つの要素に…

  2. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    ある新築一戸建ての売出し現場での話。その新築住宅は、クルマ通りの多…

  3. ホストの法則

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。

    先日、ある人からなぜホストはモテるのか、という話を聞きました。 そ…

  4. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。

    商品企画を考えるとき、ついつい陥ってしまう罠(ワナ)があります。 …

  5. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    ペルソナマーケティングってご存知ですか?ペルソナとは、データをもとにつ…

  6. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  2. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  3. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  4. チームの生産性を上げるコツとは?
  5. 中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。
  1. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。
  2. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?
  3. 不動産マーケティング

    値下げしないで建売住宅を売る4つのポイントとは?
  4. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。
  5. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
PAGE TOP