不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?

不動産マーケティング

不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?

あなたは、1:19:80の法則を知っていますか?これは、商品に対する見込み客の割合。見込み客がどの程度商品について真剣に考えているかを表すパーセンテージです。

具体的に説明しましょう。
まず、1という数字。これは、見込み客全体のなかで、その商品を、今すぐ購入してくれる人の割合。見込み客が100人いても1人しか、今すぐ買ってくれる人はいないということです。

次に、19。
これは、見込み客全体のなかで今すぐ商品を購入するわけではないがそのうち購入しようと思っている、そのうち客の数字。予算も動機もある見込み度の濃いお客様で100人中およそ19人程度いるといわれています。

そして、80。
これは、見込み客全体のなかの、冷やかし客の数。商品に対して興味はあるが、購入は考えていないいわゆる、冷やかしのお客さん。見込み客が100人いてもおよそ80人は買わないということを表しています。

つまり、見込み客100人のうちすぐにその商品を購入してくれるのはたった1人しかいないということ。これはどんな商品にもいえることでマーケティングの常識となっている数字です。

これを建売業界に当てはめてみるとあなたの建売住宅を1棟売るためには冷やかし客も含めた見込み客を100人集めなければならないということ。もっとも、新規ですべての見込み客を集める必要はありません。仲介業者が抱える見込み客を含めて100人程度の見込み客にあなたの物件に興味があると反応してもらえればいいということ。それにしても、ハードルの高い数字です。

もちろん、これはあくまで統計データ。誤差もありますし、もっと少ない数字で売れることもあります。しかし、仲介業者の立場からすればおおむね間違ってはいない数字です。

ということは、建売住宅を1棟売るためには最低100人の見込み客に物件を紹介しなければならないということ。仲介業者が抱える既存の見込み客はもちろん広告やインターネットで集めた新規の見込み客合計100人にあなたの物件に関心を持ってもらうことです。

そこで考えなければならないのがその物件だったら仲介業者1社当たり何人ぐらいの見込み客がいそうか?100人の見込み客に紹介してもらうためにはいったい何社の仲介業者の紹介が必要なのか?仲介業者があなたの建売住宅に関心を持ってもらうようにするにはどうすればいいのか?物件の魅力をよりわかりやすく伝えるためにどうしたらいいのか?等々、考えること、行動することはたくさんあります。

数字はシビアです。しかし、数字を知ることで危機感も生まれ具体的な行動プランも生まれます。この機会にあなたも具体的な行動プランを考えてみてください。行動が習慣になったとき、売上げは驚くほど安定しますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  2. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  3. これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  4. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。
  5. パワハラと不動産会社の未来。

関連記事

  1. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産の営業経験がある建売業者さんならわかると思いますが、お客様を案内…

  2. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。

    実は、建売業者さんの売上を確実に伸ばす方法があります。成功率は、ほぼ1…

  3. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?

    建売住宅を売るのは難しい・・・と普通の人は思っています。実際、建売業者…

  4. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

  5. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

    建売業界が抱える問題のひとつに、「お客様の声を聞かない」ということがあ…

  6. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    マーケティングを勉強していくと、「プロダクトアウト」「マーケットイン」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?
  2. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  3. 営業マンのいないオープンハウス。
  4. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。
  5. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  1. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  2. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。
  3. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?
  4. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  5. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。

    不動産会社経営

    老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
PAGE TOP