儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

不動産会社経営

儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけない戦略があります。それは、価格戦略です。多くの建売業者さんの価格戦略はいい加減です。とりあえず、「これくらいで売れるといいな・・・」という価格で売り出し、「売れなければ値下げすればいいや・・・」というやり方。

情報が新鮮な時には、高い価格で、情報が古くなったら、安い価格で消費者の購買意欲をそそる、というやり方ですが、長期的に繁栄したい会社にとってはやってはいけない戦略です。その理由は、価格に対する不信感を植え付けることになるから。

確かに、安くなれば売れる確率は上がるかもしれません。しかし、一方で失うものもあります。それが、信用です。あの会社は、売れなければすぐに値下げするというレッテルを自分で貼ることになるからです。それは、消費者だけでなく仲介業者にも同じような不信感を植え付けます。

まあ、仲介業者はあなたの長期的な繁栄は考えていませんから、少しでも安くなるなら大歓迎かもしれませんが、一方で、「売れなければそのうち値下げするさ」という心理が働いてしまうため、彼らが妥当だと思う価格でなければ真剣に売ろうとはしません。要するに、売主が値下げを頻繁にすると、価格の主導権を仲介業者が握ってしまうことになるのです。こうなると、仲介業者が思う価格設定でなければ売れなくなります。

では、どうしたら売主が価格の主導権を握れるのでしょうか?それは、値下げしないことです。 最初に決めた価格で売り切る。これしかありません。そんなことできるの?と思われる方も多いと思いますが、やっている会社はあります。一切、値下げしないという会社は現実に存在します。きっと、あなたの周りにも一社や二社はあるのではないでしょうか。

その場合、大切なことは、値付けを真剣にすることです。競合他社の価格はもちろん、自社の原価や利益を考えて、この価格なら大丈夫という価格を真剣に考えることです。その際に、つまらない色気を出さないこと。お客様にとっても、自社にとっても納得できる価格を決めることです。それができていないから、値下げを繰り返すことになるのです。

この価格なら絶対に売れる、この価格なら絶対にお客様は損をしない、そんな真剣な価格設定をすることが長期的に繁栄する建売会社の条件です。消費者は、安い価格を望んでいるのではありません。消費者は、納得できる適正な価格を望んでいるのです。適正な価格だという根拠を示せば、予算のある人は購入してくれます。仲介業者も建売会社の企業姿勢がわかれば協力してくれるようになります。

値下げしないと決めた時、値下げしなくても売れる方法は何かを真剣に考えられるようになります。それが長期的な繁栄の第一歩。怖いかもしれませんが試してみる価値のある一歩です。

 

ピックアップ記事

  1. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。
  2. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  3. できる不動産会社の社長はココが違う!
  4. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  5. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

関連記事

  1. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    不動産会社経営

    売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    どうすれば売れる広告がつくれるようになりますか?コンサルティングの…

  2. 中小建売業者は値下げしてはいけない!

    不動産会社経営

    中小建売業者は値下げしてはいけない!

    「見切り千両」ということばがあります。 株式などの相場で使われる言…

  3. 不動産会社経営

    あなたのビジネスをリセットするコツ。

    リセットという言葉が注目を集めています。辞書によれば、リセットとは…

  4. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    コンサルティングをしていると「社員が思うように動いてくれない」と悩む経…

  5. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

  6. これでもパワービルダーと闘いますか?

    不動産会社経営

    これでもパワービルダーと闘いますか?

    先日、ある建売会社の社長さんにこんな質問をされました。それは「建売業界…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。
  2. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  3. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!
  4. 仲介業者に洗脳されていませんか?
  5. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由…
  1. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  2. 不動産広告不要論者へ

    不動産広告

    不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?
  3. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!
  4. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?
  5. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
PAGE TOP