広告の限界

不動産マーケティング

「売れるに決まってる物件」つくっていますか?

「おいしい生活」で有名なコピーライターの糸井重里さんがコピーライターをやめた理由を朝日新聞デジタルで明かしています。

糸井重里さんといえば、日本を代表するコピーライターですが、最近では「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトを運営する東京糸井重里事務所の社長でもあります。

この会社は、数十万部を売ったほぼ日手帳をはじめ、タオル、料理レシピ本などを販売する会社。年間売上高も38億円を超えており、株式上場も果たしています。

そんなコピーライター兼経営者の糸井さんが、コピーライターをやめた理由を語っています。とても参考にできる部分がありますので、あなたもぜひお読みください。

――「ほぼ日(にち)」とも呼ばれるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」をみると、手帳やタオル、カレーのスパイスなどのオリジナル商品を、幅広く扱っていますね。糸井さんは、売る名人なのですか。

「売る名人じゃなくて、売れるに決まっているものをつくっています。売れるものを探し、売れるかどうか、常に自分に問いかけています」

――数十万部が売れている「ほぼ日手帳」は、利用者の声を集め、毎年改良を重ねているんだとか。

「使う人に喜んでもらえるか、考え抜く。喜ぶ姿が光景として浮かびあがらない商品は、ダメですね」

――そこに、秀逸なキャッチコピーをつける?

「製品ができてからお客さんの手に渡るまでは、長いドラマがある。広告屋は売るための助け舟を出すのですから、どこかで手伝うことはできます。でも、限界を感じたのです」

――限界、ですか。

「自分が薦めたい商品ならいい。でも、もっと改善できるはず、なんて思ってしまうと、納得して商品を語れない。だからコピーライターはやめました」

――えっ!

「エルメスにキャッチコピーはないですよね。よいコピーをつくることと、売れるものをつくることは別。よくないものをコピーで売るなんて、やめたほうがいい」

実は、これと同じ感情は私も何度も経験しています。クライアントの求めに応じて広告をつくることがあるのですが、ワクワクしながら広告がつくれる物件と、悩んでも悩んでも売れるアイデアが浮かばない物件があるからです。

悩んでも悩んでも売れるアイデアが浮かばない物件は、たとえ広告のチカラ(テクニック)を使って売れたとしても、一時的なもの。何度も同じ手を使うと飽きられてしまいます。

結局のところ、いい広告がつくれるかどうかは、物件次第。いい家ならいい広告がつくれますが、ありふれた家では、いい広告はつくれません。

大切なことは、広告に頼るのではなく広告が活きる物件をつくること。糸井さん的にいえば、売れるに決まっている物件をつくることが重要です。

あなたの物件は、売れるに決まっている物件ですか?改善できる余地はありませんか?もし売れ行きに不満があるならきっとどこかにまだ改善できる余地があるはずです。探してみてはいかがですか。

 

 

ピックアップ記事

  1. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  2. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。
  3. 不動産会社経営の万能薬を探していませんか?
  4. 不動産会社の経営者必見!星野リゾート成功の素とは?
  5. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

関連記事

  1. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    ジャパネットたかたが、福岡市に初の実店舗を開設しました。これまでは自前…

  2. 値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイントとは?

    不動産マーケティング

    値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。

    売れない・・・という現実に向き合う時、多くの建売業者さんは、すぐに価格…

  3. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

  4. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

  5. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  6. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    私の仕事は、コンサルタント。コンサルタントと言っても様々な分野がありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  3. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  4. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  5. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  1. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?

    不動産マーケティング

    不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?
  2. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

    不動産マーケティング

    こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  3. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  4. 経営者必見!社長の仕事してますか?

    不動産会社経営

    経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?
  5. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
PAGE TOP