売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

不動産会社経営

売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

意外と知られていませんが、売れる建売住宅をつくる上で欠かせないものがあります。それは、インテリアコーディネート。インテリアコーディネートとは、住まい全体の雰囲気を決める重要なもの。床、壁、天井などの内装材や、カラーやレイアウト、照明、家具などを具体的に決める仕事です。

そのため、同じ家でもインテリアコーディネートの仕方によって全く違う雰囲気に変わります。つまり、インテリアコーディネートの仕方によって建売住宅の魅力は大きく変わるということ、売れ行きに直結する重要なポイントだということです。

それにもかかわらず、実際の建売住宅販売の現場ではこの部分が重要視されていませんん。大抵は、設計士におまかせか、なかには社長自らがいろいろと指示を出す程度。

もちろん、設計士さんや社長がそれなりのセンスを持っていればいいのですが、大抵は男性のため、自分好みのインテリアコーディネートになってしまいます。その結果、購入する人(決定権者)の感覚とズレが出てしまうことがほとんど。売れない原因の一つになっています。

そのため、売れる建売住宅をつくりたいのであれば、センスのいいインテリアコーディネーターを確保することが重要なのですが、ほとんどの建売業者さんはそれがわかっていません。

わかっていない最大の理由は、建築コストを下げることに夢中になっているからです。建売業者さんのほとんどが、いかに安く建てるかということに腐心しています。

安く建てて、安く売る。それさえ守っていれば建売販売は安泰だと思っているからです。もちろん、その考え自体は間違いではありませんが、それだけでは限界もあります。

みんなが同じ考え方で建売住宅をつくれば、出来上がるのは同じような家ばかり。魅力のない家同士での価格競争がはじまるからです。

そうならない為には、差別化が大切。なるべくお金をかけないで差別化するには、インテリアコーディネートで差をつけるのが一番簡単です。

同じ材料でも何を選ぶか、どんな色を選ぶか、そしてそれをどこに利用するかで建物の印象は大きく変わります。もちろん、インテリアコーディネーターを利用すればそれなりのお金がかかりますが、売れないで100万、200万と値下げするよりははるかに大きな効果があります。むしろ、いかにセンスのいいインテリアコーディネーターを見つけるかの方が問題です。

これからの建売業者さんが考えなければいけないことは、コストを削減することではありません。コストの費用対効果を考えることです。インテリアコーディネーターに払う費用以上にメリットがあればコストを惜しまず払いましょう。

大切なのはいいチームを築くこと。
それが一番の差別化に繋がりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  2. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。
  3. 仲介業者に洗脳されていませんか?
  4. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
  5. これでもパワービルダーと闘いますか?

関連記事

  1. 即日完売できる建売業者になるための欠かせない習慣。

    不動産マーケティング

    即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。

    もしあなたが、本気で即日完売できる建売業者になりたいのなら、これだけは…

  2. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    営業部隊を持つ建売業者さんと営業部隊を持たない建売業者さん。その違いは…

  3. チームの生産性を上げるコツとは?

    不動産会社経営

    チームの生産性を上げるコツとは?

    仕入れにしろ、販売にしろ、営業成績のいいチームと悪いチームというのが存…

  4. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社には4つのステージがあります。そのため、それぞれのステージに…

  5. 中小建売業者は値下げしてはいけない!

    不動産会社経営

    中小建売業者は値下げしてはいけない!

    「見切り千両」ということばがあります。 株式などの相場で使われる言…

  6. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    売れる建売会社をつくるのは難しい・・・と、思うことがよくあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 不動産販売における重要な非必需品とは?
  2. 新築分譲住宅、口コミで評判を広げる裏技とは?
  3. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  4. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ…
  5. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  1. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

    不動産会社経営

    これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  3. お金をかけずに物件も魅力を2割増しにする方法。

    不動産マーケティング

    お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  4. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
  5. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
PAGE TOP