中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

不動産マーケティング

中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか?
その答えを見つけるには、価格競争していない会社を参考にするのが一番です。私が以前から注目している会社のひとつは、旭化成のヘーベルハウス。個人的には好きなタイプの家ではありませんが、私の住んでいるエリアではそこそこ人気があるようです。

近所で売り出されていた4区画の宅地のうち、なんと2区画がヘーベルハウス。決して安くない、いや、かなり高額な家にもかかわらず、この人気ぶりには興味がそそられます。まあ、営業トークがうまいとか、マーケティングの仕組みができているとかというのは、外部からはわかりにくい部分ですが、建物については、ホームページや住宅展示場に行けばある程度わかります。であれば、これを参考にしないのはもったいない。

そっくりそのまま真似するのは問題がありますが、コンセプトを参考にするのは賢い業者だといえるでしょう。そうやって調べてみると、ヘーベルハウスも私たちが思っている以上の品揃えがあるのがわかります。

質実剛健といった外観の建物だけでなく最近ではちょっとオシャレな感じの商品も増えているようで、これなら若い人にも人気があるかも・・・と思えるような品揃えになっています。その中で今回注目したいのが、「STEPBOX(ステップボックス) クロスフロアのある家」。

特徴は、都市部でも日当たりや風通しを得ることができる2階リビングの床をちょうど良いレベル(約80㎝)に下げることで、天井の高いのびのびとしたリビング空間を設けたこと。リビング下(1階)の空間は、床を下げること(約40㎝)で“こもり感”のある隠れ家的な部屋としています。

リビング空間が層をずらして設置されていることで、1階からも2階からも視線が繋がり、コンパクトな家とは思えない広がりを感じることができます。また、全ての空間を仕切りの無い連続空間とすることで、開口部から注ぐ光と風が家中をめぐります。

さらに、1階の各空間は、引き戸で仕切れば落ち着いた個室となり、開ければ大空間に繋がるので、どこにいても家族の気配を感じられる、融通性の高い空間となっています。そのため、家中のあらゆる場所で居心地の良い居場所を見つけることができます。

インテリアについては、今回のターゲット層(子育て世代の30代)に合わせて「カフェミックス」を採用。形式にとらわれず、自分の感性でお気に入りを集め、気楽にくつろげる雰囲気を演出しやすくしています。

コンセプトモデルの延床面積は、118.16m2(35.8坪)ですが、コンパクトな建物とは思えない、豊かな空間を実現しています。ちなみに価格は、3,000万円弱。さすがハウスメーカー。

ここまでの価格は出せないけど、こんな家に住んでみたいという人向けに同じようなコンセプトの建売住宅を考えてはいかがですか?ヒットするかもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  2. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  3. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  4. あなたの時代認識、間違っていませんか?
  5. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

関連記事

  1. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  2. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

    「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うこと…

  3. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産会社の中には、勝てば官軍という考えを持つ人が多い。要するに、売れ…

  4. 売れない原因の見つけ方。

    不動産マーケティング

    売れない原因の見つけ方。

    「AIDMA(アイドマ)の法則」という言葉を聞いたことがありますか。…

  5. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    先日、プライベートでトランクルームを借りました。トランクルームの使用は…

  6. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    不動産マーケティング

    苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

    売れ行きを左右する最も大きなものは、需要と供給のバランスです。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  2. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。

おすすめの記事

  1. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。…
  2. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  3. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?
  4. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  5. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  1. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  2. あなたの知らないオープンハウスの現実。

    不動産会社経営

    あなたの知らないオープンハウスの現実。
  3. 建売住宅は企画が8割。

    不動産マーケティング

    建売住宅は企画が8割。
  4. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    不動産会社経営

    ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。
  5. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?
PAGE TOP