これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

不動産会社経営

これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。

コンサルティングをしているとよく質問されるのが、「ライバルに勝つにはどうしたらいいでしょうか?」という質問です。とりわけ、ライバルが強敵であればあるほど、この質問の答えは重要。会社の戦略にも影響するからです。

そんなとき、まずお伝えするのが、これらの言葉。

「彼を知り己を知れば、百戦殆からず」
「彼を知らずして己を知れば、 一勝一負す」
「彼を知らず己を知らざれば、 戦う毎に必ず殆し」

 

有名な孫子の言葉です。これらの言葉の意味は、
敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかない。敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける。ということ。

つまり、ライバルに勝つためにはライバルのことも自社のこともよく理解しておく必要があるということです。2500年も前から言われていることですが、実際にそれができている経営者は多くはありません。

では、実際にはどうすればいいのかということですが、今は便利な世の中になりました。そう、インターネットを利用するとすぐにライバルのことも自社のことも調べられるようになったからです。

やり方は簡単。

インターネットの検索窓に、「ライバルの会社名」と「評判」と入れればすぐにライバルをリサーチすることができます。同時に、自社についても「会社名」と「評判」と入れてリサーチします。

すると出てくるのが、インターネット上で言われているライバルとあなたの会社の評判です。これをひとつひとつ冷静に分析することです。

ライバルやあなたの会社がどんな風にお客様から思われているのか、どんな不満をお客様は持っているのかを、ひとつひとつピックアップしていきます。そして、自社の問題点を改善しながら、ライバルの問題点を攻めるのです。

たとえば、ライバルの現場が汚いという指摘が多ければ、自社の現場を常にきれいにしておく。ライバルのアフターサービスの対応が悪いという指摘が多ければ、自社のアフターサービスを充実させる。というように、具体的にライバルの問題点を攻めることです。

そして、大事なことはそれをお客様に積極的にアピールすることです。広告などを通じてライバルとの違いをわかりやすくアピールすることです。それを繰り返していけば、いつの間にかライバルはライバルでなくなっていきます。決して難しくはありません。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  2. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  3. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。
  4. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  5. 安さを追えば追うほど売れなくなる理由。

関連記事

  1. 不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者は裸の王様が多い?!

    不動産業界に限らず、中小企業はいい意味でも悪い意味でもワンマン経営の会…

  2. 売れる不動産会社をつくるために最も必要なモノとは?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?

    新しいことを始めると必ず起こることがあります。それが社員の抵抗。どんな…

  3. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    以前お会いしたある新築分譲会社の社長の話。その新築分譲会社は小さな…

  4. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    不動産会社経営

    その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    コンサルタントになる前、仲介会社を経営していた頃の話です。ある建売業者…

  5. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも…

  6. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  2. ブランディングは気遣いから。
  3. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。…
  4. その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  5. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  1. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  2. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  3. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  4. 時代認識、間違っていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの時代認識、間違っていませんか?
  5. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
PAGE TOP