クローゼットで差別化

不動産マーケティング

賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。

都市部などの新築アパートで、ここ数年新婚カップルをターゲットにした1LDKプランが増えてきました。このターゲットの特徴の一つは、経済的に余裕があるということ。

新婚といえども、初婚年齢は年々上昇傾向にあり、男性は31.1歳、女性は29.4歳(2014年厚生労働省人口動態統計月報年計より)。社会人としても中堅にさしかかり収入も安定しはじめる頃です。

では、そんな共働き夫婦二人世帯は具体的にどんなライフスタイルを送っているのでしょう。ある大手ハウスメーカーの調査結果をみてみると、

平日はお互い仕事で忙しく、すれ違いの生活が多いようです。朝食時間は52%、出勤時間は61%、帰宅する時間は83%が夫婦別になるという調査結果が出ています。

それでいて、夕食の時間が別々である割合は36%と低く、帰宅時間は違っても、せめて「夕食はできるだけ夫婦で一緒にするようにしている」と二人の時間を大切にする様子が伺えます。

一方、平日の夜に「配偶者とどのようにくつろぎたいか」については、「一緒の空間で同じことをしてくつろぎたい」が38%ですが、「一緒の空間で別々のことをしてくつろぎたい」が53%と多く、一人の時間を楽しみたいという傾向が見て取れます。

その他の調査結果から、共働き夫婦二人世帯は、「夫婦といえども精神的には自立した関係でいたい」という意識が、子どものいる共働き世帯より高く、お互いの収入(財布)は各々が管理するなど、精神的にも経済的にも自立している傾向が伺えます。

では、現状の1LDKの間取りは、どの程度共働き夫婦二人世帯のライフスタイルに対応できているのでしょうか?もっとも課題になったのは、収納に関することです。半数以上が「住んでみたら予想以上に収納が足りない」と感じ、約半数が衣類の半分は収納に入りきらずあふれているようです。

さらに、要望が多いのが「夫婦の衣類は別々に収納したい」というもの。年齢的にも30代となるとお互いの持ち物も多くなります。衣服に限らず、趣味のものやゴルフなどのスポーツ用具の置き場にも困るようです。

そのため、あるハウスメーカーでは衣類や趣味のものなど、夫婦それぞれが管理できるように2つのウォークインクローゼットを設けました。

これなどはそっくりそのまま建売住宅にも応用できます。夫婦2人世帯のみならず、子どものいる世帯でも夫婦の衣類や持ち物は別々に収納しているという世帯は多いからです。大きめのウォークインクローゼットなら2つに区切るだけでできますし、間取りを少し工夫すればいくらでも可能です。

賃貸アパートでできることが、建売住宅でできないことはありません。いいものはどこからでも採用する、そんな気持ちがあれば賃貸アパートを見る目も変わってきます。

2つのウォークインクローゼットのある部屋。あなたの建売住宅にも採用してみてはいかがですか?簡単だけど、大きな差別化になるアイデアです。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  2. これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  3. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?
  4. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  5. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

関連記事

  1. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。

    仕事とはいえ、毎年多くの建売住宅を見学しています。売れてる建売住宅から…

  2. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社で…

  3. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  4. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

  5. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。

    いい家をつくりたい、 いい家で差別化したい、 という建売業者さ…

  6. 建売住宅が売れない理由

    不動産マーケティング

    建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?

    建売業界の抱える問題のひとつに時流が読めていないという問題があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  2. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  3. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  4. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  5. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  1. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  2. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  3. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  4. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  5. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
PAGE TOP