お金をかけずにできる最強の差別化戦略。

不動産マーケティング

お金をかけずにできる超簡単な差別化戦略。

売れない物件を見ていると気づくことがあります。
それは、売れない物件は売れないオーラが出ているということです。売主がそれに気づいているかどうかはわかりませんが、ひと目でわかる物件も珍しくありません。

その代表例が、掃除。
ほとんどのと言っていいほど売れない物件は掃除が行き届いていません。これは何も売れない物件に限ったことではありません。建売住宅すべてに言えること。

施工と販売が分離しているからでしょうか、売主は販売業者が掃除してくれていると思っているのでしょうか、新築だというのにスリッパを履かなければ歩けないほど掃除が行き届いていない物件ばかりです。

ある意味、これは真剣に販売を考えている人にはありがたいことです。なぜなら差別化がしやすいから。他社との違い、ライバルとの違いを明確にしやすいからです。

お客様の行動は不思議なもので、買う気のない物件でも見学に来ます。最初から購入候補は決まっているのに、あえて購入しない物件も、自分の決断は正しいと確信するために他の商品を見ることがあります。

ましてや、家という人生で一番高い買い物。失敗しないためには、後悔しないためには市場に出回っている物件はすべて自分の目で確かめておきたいのが人情です。

で、あれば、それを利用しない手はありません。
一発逆転を狙うのです。

あなたがやるべきことは簡単です。
競合物件のなかで最もキレイな状態に掃除すること。毎週、毎週、週末になったら掃除を繰り返すこと。たったこれだけ。それだけで、ライバルを圧倒できます。起死回生の一発を打つことができます。

まあこんな話をすると、そんなことでライバルに勝てるわけないでしょ、と一笑されることが多いのですが、それは現場を知らない人のこと。そんな簡単なことで売れた、という経験を知らない人のいうことです。

実際、私たちコンサルタントに与えられる条件は過酷です。価格は下げられない、広告宣伝費はない、営業マンもいなければ、現地販売してくれる仲介業者もいない、そんな状況で売る方法を考えなければなりません。

そうなると必然的にできることは限られてきます。
それが掃除です。

掃除なんて・・・とバカにすることなかれ。
徹底的に掃除すると物件がイキイキしてきます。
オーラが変わってくるのです。

そして何より販売している自分たちの気持ちが変わります。そう、なぜか売れるような気分になってくるのです。実際、こんな簡単なアドバイスで救われたクライアントはたくさんいます。

もしあなたが売れない現場を抱えているのなら、ダマされたと思って掃除を徹底してください。ポイントはただ単に掃除するのではなく徹底的に掃除すること。室内も外回りも、とにかくひと目でライバルの物件とは比較にならないくらい掃除することです。

できれば、社長自らが掃除することです。
もちろん社員と一緒になってやってもいいですが、決して人任せにしないこと。

それだけで売れるようになります。
お試しください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?
  2. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  3. あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?
  4. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  5. なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

関連記事

  1. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    売上を伸ばす上で一番簡単な方法は、お客様が望むものをつくること。 …

  2. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?

    家といっても、購入する世代によって求めるものは大きく違います。 だ…

  3. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。

    仕事柄、時々聞かれる質問があります。それは、「どこか安い工務店知ら…

  4. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    近所で建築中のスウェーデンハウスが上棟しました。工事が始まった頃から毎…

  5. クローゼットで差別化

    不動産マーケティング

    賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。

    都市部などの新築アパートで、ここ数年新婚カップルをターゲットにした1L…

  6. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  2. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  3. 中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
  4. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  5. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは…
  1. 値引きしないで売れる建売会社の条件とは?

    不動産マーケティング

    どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  2. 値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイントとは?

    不動産マーケティング

    値下げ前に絶対確認しなければならない2つのポイント。
  3. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  4. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  5. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?
PAGE TOP