540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

不動産マーケティング

540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。

建売住宅に限らず、住宅を販売するのに欠かせないのが女性(主婦)の目線。正直、女性(主婦)が何を望んでいるか、がわからなければ売れる商品は作れません。

それにも関わらず、未だに商品企画を担うのは男性がほとんど。とりわけ、40〜50代の男性が商品企画をしている会社は注意が必要です。本人たちは、十分女性に配慮しているつもりですが、女性陣から見ると的外れなことも多いもの。男性と女性では根本的に考え方が違うからです。

そこで、必要なのがリアルな女性の欲求を知ること。今、住宅を購入しようとしていう女性が何を望んでいるかをリアルタイムで知ることができればヒット商品、売りやすい家はつくりやすくなります。とは言っても、小さな建売会社が女性の本音を知るのは至難の技。そこで、活用したいのが女性向けの雑誌です。

今回ご紹介するのは、主婦と生活社が発行する『CHANTO(チャント)』という雑誌。30代前後の主婦層をターゲットとした雑誌で、休刊した主婦雑誌『すてきな奥さん』の後続誌として生まれました。「すてきな奥さん』というタイトルからもわかるように、この雑誌の創刊は1990年。当時は結婚したら女性は家に入るのが一般的だった時代で、時間はかかっても賢く節約するための情報が求められていました。

しかし、今や共働きが当たり前。今時の主婦のニーズに応える雑誌に生まれ変わる必要があったのです。『CAHNTO』では、働く主婦をターゲットに、コンセプトを変更。多少お金がかかっても、お助けグッズを賢く活用して家事に割く時間を短縮するノウハウを紹介しています。

例えば、創刊号では段取り上手な主婦を「ダンドリーナ」と命名し、この主婦たちがどのようなテクニックを駆使しているかを紹介しています。また、雑誌をゆっくり読む時間がない忙しい主婦向けに、レイアウトにも一工夫。これまでは「お得感」を出すため、レシピなどをたくさん掲載していましたが、本当におすすめのものだけを厳選して掲載するようにしているそうです。

この雑誌からわかることは、最近の主婦は単なる「節約志向」ではなく、賢くモノを選んで、生活をより豊かにしたいという欲求が強いということ。1990年代とは主婦の欲求が変化していることです。だとすれば、最近の主婦が読んでいる雑誌をチェックすればどのような住宅設備が求められているかも簡単にわかるということ。つまり、それを商品企画に活かせば主婦に喜ばれる住宅が作れるということです。

さあ、早速、本屋さんに直行しましょう。売れる建売住宅づくりのヒントが待っていますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  2. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  3. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  4. 540円で掴める!女ゴコロを魅了する建売住宅のつくり方。
  5. 建売会社が信じる間違った広告常識。

関連記事

  1. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    仲介業者から信頼される建売会社になるために注意しなければならないことが…

  2. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    いい家を作っている建売業者さんがあります。社長以下、スタッフの皆さんも…

  3. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    不動産マーケティング

    たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    商品を売る上で、もっとも効果的な方法は自社の強みで勝負すること。競…

  4. 不動産マーケティング

    その色使い、間違っていませんか?

    多くの建売住宅を見ていると立地や価格は問題ないのに「この家は売りにくい…

  5. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  6. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  2. チームの生産性を上げるコツとは?
  3. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  4. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!
  5. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  1. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  2. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。
  3. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  4. 成約率を上げる!商談スペース・モデルハウスの必需品とは?

    不動産マーケティング

    これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  5. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

    不動産会社経営

    不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
PAGE TOP