伝説のキャッチコピー

不動産広告

驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?

あるマンション再販業者さんからのクレームの話。
知り合いの建売業者さんからの紹介で知り合ったマンション再販業者さん。自社で営業マンも抱える会社です。売れ残り物件を早く処分したいということで広告の制作を依頼されました。

物件を見たところではそんなに問題はなさそう。むしろ、他社の物件より良いくらいです。問題があるとすると若干価格が高いかな、という程度。しかし、そのぶん設備が豪華なので、ちゃんと説明できればなんとかなる、じっくり見てさえもらえれば決まる、そんな物件でした。

そこで広告に選んだのが「マンションはまだ買うな!」というキャッチコピー。

かなり衝撃的なキャッチコピーですがお客様の目を留めるにはピッタリ。
このキャッチコピーを軸に広告を制作したのです。

目的は、他のマンションの購入を検討している人にこのマンションを見てからそのマンションの購入を検討した方がいいと注意を喚起すること。今すぐ客に直接訴えるキャッチコピーです。かなり効果的なキャッチコピーなのですが副作用が大きいのもこのキャッチコピーの特徴。今回もマンション再販業者の担当からクレームが入りました。

クレームの内容は、

・表現が過激すぎる
・会社のイメージにそぐわない
・もっとカッコイイコピーがいい
・マンションはまだ買う時期じゃないと
 誤解するお客様がいる 等々

最終的には、担当者が提案するキャッチコピーに変更。結果は・・・。

実は、このキャッチコピーは知る人ぞ知る伝説のキャッチコピーのパクリ。
もとのキャッチコピーは、「家はまだ買うな!」というもの。
ある地方の工務店がチラシに採用して大反響を得たものです。

どれくらいすごい結果を出したかというと創業わずか3年で年商10億円、創業5年で年商50億円というもの。人口55,000人、世帯数22,000世帯という小さな地方都市では驚異的な数字です。その快進撃のきっかけをつくったのが「家はまだ買うな!」というキャッチコピーなのです。

このキャッチコピーが成功した最大の要因は、他社のキャッチコピーより目立ったから。
他社がみんな、「家は今すぐ買え!」というニュアンスのキャッチコピーで広告しているのに対し、真逆のことを言うのですから、家の購入を検討している人には、嫌でも目につきます。目につけば、チラシをじっくり見てくれる確率も高くなり、結果として多くの人が来場し、購入してくれたのです。

キャッチコピーには2種類あります。

カッコイイけど売れないキャッチコピーと
カッコ悪いけど売れるキャッチコピー。

あなたは「家はまだ買うな!」というキャッチコピーを採用できますか?
キャッチコピーだけで売上げは変わりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  2. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  3. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  4. あなたの知らないオープンハウスの現実。
  5. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?

関連記事

  1. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  2. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。

    不動産広告

    反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。

    当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦(はっけ)の占いのように広告もいつ…

  3. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?

    以前、ある土地の折込チラシをつくった時の話。 ある建売業者さんから…

  4. 大幅値引きしましたの間違い

    不動産集客

    建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。

    ある新築住宅の現場を視察したときのこと。 現地を訪れてまず目に飛び…

  5. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    ある建売業者さんの話。その建売住宅は、駅徒歩3分、閑静な住宅街の東南角…

  6. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が少ない理由。

    不動産広告

    ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。

    先日、新築一戸建てを分譲している業者さんから広告についての相談がありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産チラシの基本7原則
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. 平町
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

おすすめの記事

  1. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  2. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  3. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  4. なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  5. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

アーカイブ

  1. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

    不動産売却

    売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  2. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  3. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    不動産広告

    あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?
  4. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?
  5. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
PAGE TOP