不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

不動産集客

不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!

自社で現地売出をやったことのある不動産業者ならわかると思いますが、折り込みチラシやポスティングは結構お金がかかります。その上、反響率は驚くほど悪い。チラシ1万枚で反響1件、なんていうのはまだマシな方。物件によっては、2万枚で1件というのも珍しくありません。

チラシの制作コストや折り込み費用等々を考えると、1人の見込み客を獲得するのに、10万円近くの費用がかかります。そして、成約にはその10倍もの数が必要だとすると、1件契約するのに100万円近くの広告宣伝費が必要だということになります。

もちろん、それだけコストをかけても売れれば問題ありませんが、それはあくまで机上の計算。実際には、それだけのコストをかけても売れないことも考えられます。だから、最近ではチラシなど紙媒体を使った広告宣伝が減ってきているのです。

では、どうしたら安い集客コストで販売できるようになるのでしょう?
実は、以前ある地方都市で成功した事例があります。それが、案内キャンペーンです。

案内キャンペーンとは、ある一定期間に案内してくれた仲介業者にリベートを渡す方法。この業者さんの場合は、案内期間中に来場したお客様と連れてきた営業マンに1件あたり2,000円のクオカードをプレゼントました。つまり、1件あたり4,000円のコストで見込み客に物件を見てもらうことができたのです。もちろん、営業マンは何度案内してもOK。その都度、2,000円のクオカードがもらえます。お客様にとっても、ただ物件を見るだけで2,000円のクオカードがもらえるわけですから悪い気はしません。営業マンも気軽な気持ちで勧められますから案内も増えます。

まあ、こんな話をするとすぐに心配性な人から反論が起こります。それは、買う気もない人ばかりが来てお金をドブに捨てることになるという反論です。もちろん、中にはお金目当てのお客様や営業マンもいることでしょう。でも、それがきっかけで物件を知ってもらえることもあります。ムダかムダでないかは、やってみなければわかりません。

実際、この議論はレストランのバイキングの議論と同じ。食べ放題にしたら、毎日お相撲さんがやってきて、店は潰れてしまうという反論と同じです。でも、現実にはどうでしょう?多くの食べ放題のお店は儲かっています。つまり極端なことは起こらないということ。それが理解できるかできないかでこのキャンペーンを利用できる人とできない人に分かれます。

ただ、冷静に考えて欲しいのは、もしあなたの物件が見れば決まると自信がある物件なら、お金を払ってでも見てもらうことが大切だということです。案内キャンペーンをうまく利用すれば、1件の案内がわずか4,000円でできます。しかし、自社でチラシを撒いて案内までこぎつけるには、最低でも10万円の費用がかかります。どっちが得か、よく考えてみてはいかがですか。

 

ピックアップ記事

  1. 売れない時は、世阿弥に学べ。
  2. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  3. 不動産はAIDMAの法則で売れ!
  4. 中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  5. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。

関連記事

  1. 不動産広告の8秒ルールとは?

    不動産広告

    不動産広告の8秒ルールとは?

    「現代人の集中力は8秒、これは金魚の9秒を下回る」というショッキングな…

  2. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?

    多くの経営者が陥る間違った常識があります。それは、ビジネスには売り込み…

  3. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びに…

  4. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

  5. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  6. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    不動産広告

    今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    私のつくる販売図面や広告は文字が多い。そのせいか、初めて販売図面や広告…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  2. 中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。
  3. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  4. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  5. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  1. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  2. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  3. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

    不動産広告

    新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
  4. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  5. プレミア消費

    不動産マーケティング

    中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
PAGE TOP