新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

不動産マーケティング

新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことがあります。
それは、コンサルタントは売れ残り物件をなんとかしてくれる便利屋さん、という認識です。

もちろん、私たちは売れ残り物件を処理するお手伝いをしますし、困ったら相談してくださいとアピールもしています。しかし、本来の仕事は売れ残り物件を作らないこと。即日完売できるよう指導することが仕事です。それがうまく伝わっていない。そのため、にっちもさっちも行かなくなってからの依頼が多い(笑)。

正直、にっちもさっちもいかなくなった物件というのは、売るのにお金がかかります。掛けるお金がなければ、時間がかかる。大抵は、広告宣伝費がないわけですから、自分たちでその物件の良さを広めるしかないからです。

そこで気付いて欲しいのが、にっちもさっちもいかなくなってから販売にかかるお金と、計画段階で掛けるお金とどち
らが安く済むか、ということです。これは明らかに計画段階で掛けるお金。こちらの方が断然、安く済みます。だからこそ、しっかりした事業計画が必要なのです。

建売業界の悪しき慣習のひとつに、「建てれば売れる」というものがあります。実際、今までの建売業界はその常識が当てはまっていました。仕入れの強い業者が隆盛を極めた時代。今でも地域によってはそんな悪しき慣習がまかり通っている場所もあります。

しかし、それは過去の話。今もそれがまかり通っているとしたらただ単に、ラッキーが続いているだけ。むしろ、そのラッキーは、将来のアンラッキー。近い将来足元をすくわれるかもしれません。大切なことは、作る前に作りこむことです。商品企画しかり、販売計画しかり、作ればなんとかなるなんて微塵も考えないことです。

売れるかどうかは計画段階で8割は決まります。残りの2割は、社会情勢と自分たちの努力。裏を返せば、作ってからできることは2割しかないということです。だとすれば、その4倍の価値がある計画段階に集中すること。それが、コンスタントに売れる会社と売上が安定しない会社の差です。

あなたの会社はどれだけ計画に真剣に取り組んでいますか?
安易な事業計画は、ビジネスを危険にさらすだけですよ。

 

ピックアップ記事

  1. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  2. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  3. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?
  4. これでもパワービルダーと闘いますか?
  5. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。

関連記事

  1. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    中小企業が成長するうえで欠かせないのが、人材採用。どんな人材を採用でき…

  2. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。

    よくある建売業者さんからの相談のひとつに、レインズに掲載しているのに売…

  3. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産会社の中には、勝てば官軍という考えを持つ人が多い。要するに、売れ…

  4. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  5. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    先日、ある大手ハウスメーカーの担当者と話をする機会がありました。誰もが…

  6. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  2. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  3. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?
  4. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  5. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  1. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  2. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。
  3. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。

    不動産マーケティング

    イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  4. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  5. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
PAGE TOP