中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

不動産会社経営

中小不動産会社はお金をかけずにブランド化しなさい!

最近、ブランド力を強化したいという相談が増えています。少しでもライバルより優位に立ちたいということの表れなのでしょうが、ブランド化にはいろんな作業が必要です。

ロゴマークや、キャッチコピーの変更など、大手不動産会社はブランド化にいろんなことをやっていますが、中小不動産会社は大手と同じようなやり方をしていては、お金と時間ばかりかかって、なかなか成果は出せません。

そこでオススメなのが、お金のかからないブランド化。外見ではなく内面の変化によるブランド化です。どういうことかというと、お客様への接客対応を変えることによってお客様をあなたの会社のファンにしてブランド化するという方法です。

ポイントは、お客様には3つのタイプのお客様がいるということを認識しておくことです。ひとつは、買う確率が高いお客様。もうひとつは、今すぐ買うかどうかわからないお客様。そして最後は、買わないお客様。

どこの会社もそうですが、買う確率が高いお客様には一生懸命対応します。しかし、これはライバルも同じ。どこへ行っても同様の対応をしてもらえますからお客様には特別な対応をしてもらったというイメージは残りません。つまり、当たり前の対応をしてもらっているだけなのでブランド力を高めるほどのインパクトは残せないということです。

それに対して、今すぐ買うかどうかわからないお客様、買わないお客様への対応は差別化するにはぴったりです。このお客様は買うかどうかわからない、きっと買わないだろうなと思ったら、大抵の会社は適当にあしらいます。露骨に担当者の声のトーンが変わることもあり、嫌な思いをすることはよくあることです。しかし、そこで、買う確率の高いお客様と同等の対応ができれば、あなたの会社の評価は一気に上がるということ。あの会社は違う、とお客様に評価されやすいということです。

実際これが効果あるのかということですが、実は、昔ある百貨店のお店でこの方法が試されたことがあります。やり方は、自分のお店のお客様じゃないお客様に「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」という声掛けをするというものです。隣のお店や、近くのお店に入店する人に他店のスタッフがそのお店のスタッフのように挨拶するというやり方です。

当初は、そんなことで売上が上がるわけないとバカにされましたが、結果は急激な売上アップにつながりました。目的のお店の従業員より感じがいいので思わず入店したというお客様が増えたからです。そうです、今まで敷居が高くて入店できなかった、入るきっかけがなかったというお客様を大量に取り込めたことが成功の要因です。

大切なことは、買う可能性の高い人への対応を良くすることではなく、買う可能性の低い人への対応を良くすること。それこそが、あなたの会社の評価を上げる一番手っ取り早い方法なのです。これは何も実際に家を購入する人だけに限りません。下請け業者や出入りの業者さんへの対応にも当てはまること。立場の弱い人や邪気に扱われがちな人への対応を良くするだけであなたの会社に対する評判は一気に変わります。

あなたの会社のスタッフは今すぐ買うお客様じゃない人へどのような対応をしていますか?

立場が弱い人へ気持ち良く対応してあげられるようになると、ブランド力は一気に上がります。そして、売上も上がるようになります。まずはダマされたと思って試してください。不思議なことが起こりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  4. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  5. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

関連記事

  1. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  2. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。

    「ミラーニューロン」という言葉を知っていますか?ミラーニューロンと…

  3. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    総務省統計局によると、平成24年2月時点で全国にある企業数は412万8…

  4. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    不動産会社経営

    不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    家電量販店最大手のヤマダ電機が不動産事業に参入することを発表しました。…

  5. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?

    コンサルタントという仕事柄、商品の企画やサービスについて提案することが…

  6. これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    不動産会社経営

    これからの建売業者に必要な意外な力とは?

    これからの建売業者にとって最も必要な能力それは、セールス力です。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  2. 建売業者も営業力の時代。
  3. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  2. 会社の成長を妨げるのは社長!?
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  5. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  1. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  2. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。

    不動産会社経営

    大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  3. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  4. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  5. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
PAGE TOP