不動産マーケティング

有名建築家の作品なら高くても売れる!?

先日、クライアントさんのお誘いで埼玉県の、とある建売住宅を見学に行きました。有名建築家とコラボレーションした注目の建売住宅とのこと。興味津々で現地を拝見させていただきました。

建物は全部で5棟。駅からも近く閑静な住宅街の一角です。広々とした敷地は、さすが埼玉ならでは。東京、神奈川では見かけないゆとりがあります。

売主は、大手と言ってもいいようなデベロッパー。マンションや建売住宅を手広くやっています。この辺りだけでも過去に3,000棟の実績のある会社。今回の物件も過去に販売した分譲地の一角です。

建物は、ひと目で建築家の作品とわかる建物。有名な建築家の作品ということでしたが正直、私たち世代では名前を聞いてもよくわかりません。企画から開発まで相当な期間をかけて取り組んだプロジェクト。内容を伺っても真摯に取り組んでいることがわかります。

建物だけでなく、ランドスケープや照明にも有名デザイナーを採用し、こだわりは満載。その上、建売住宅では滅多に採用されない高価な特殊工法も採用されていて、一流が好きな人にはピッタリの物件に仕上がっていました。

ただ、私たちが感激したか、同じような企画で建てたいか、というとそれは別。むしろ、反面教師として映る物件になっていました。反面教師として映った理由のひとつは、企画が徹底されていないこと。

有名建築家を採用している割には、売主の意向が強く、有名建築家のカラーが徹底されていません。だからなんとなく中途半端な印象です。任せるなら任せるで、口を出さない方がいいのに・・・と思ってしまいました。

そうは言っても、売れれば勝ち。
勝てば官軍なのですが、売れ行きは芳しくないようです。

売り方が悪いのか、はたまた他の理由か、ということですが、帰宅してからその会社の売り方、ホームページの作り方を研究してみましたが、マーケティング的にはほぼ完璧。

さすが、大手というような売り方をしています。わずか5棟の現場でこれだけのお金をかけるのか?というほどのこだわり。マーケッターとしては羨ましいくらいです。

では、なぜ売れないのか?
答えは簡単です。

価格が高すぎるからです。

周辺の競合物件を見ると、パワービルダーの物件なら2,500万円程度が相場。それ以外の地元業者の物件で3,500万円ぐらい。それに対してこの物件は1,500万円〜2,000万円高い価格で販売しているからです。

ただでさえ、競合が多く物件は飽和状態のエリア。その中で、競合より1,500万円〜2,000万円以上高い価格で売り出すのはさすがに厳しいでしょう。

いくら一流の建築家を採用しても、
いくらマーケティングを駆使しても、
価格戦略が間違っていたら台無しです。

大切なのはバランス。
建物がどれだけ一流でも、
売り方がどれだけ完璧でも、
価格を含めた全体のバランスが悪ければ売れません。

高くてもいいものを作れば売れる、
高くてもマーケティングが良ければ売れる、
というのは幻想です。おごりと言ってもいいかもしれません。

そんなことを考えさせてくれる物件でした。

 

 

ピックアップ記事

  1. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  2. ”e-住み替え”誕生物語。
  3. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  4. なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  5. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

関連記事

  1. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    私のクライアントさんや、メルマガ、ブログの読者さんには、いい家をつくる…

  2. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

  3. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

    不動産マーケティング

    いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

    ホンダの5代目「ステップワゴン」が、思わぬ苦戦を強いられているそうです…

  4. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    国内清涼飲料2位のサントリー食品インターナショナルは、日本たばこ産業(…

  5. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。

    マツダの販売会社、関東マツダが大胆な試乗キャンペーンをはじめました。…

  6. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  2. 売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  3. 人はなぜ借金してでも家を買うのか?
  4. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。
  5. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  1. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  2. 不動産マーケティング

    物語が売上を伸ばす時代。
  3. 不動産集客

    わかりやすくするだけで集客率は上がる!
  4. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
  5. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

    不動産会社経営

    不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
PAGE TOP