売れない不動産情報を生き返らせる方法。

不動産集客

売れない不動産情報を生き返らせる方法。

売れない不動産情報にはある共通したポイントがあります。それは、情報が古びていること。販売図面はもちろん、レインズやアットホームに登録されている情報が古びているのです。情報が古びているとは、最初につくった情報がそのまま掲載されている状態のこと。途中で更新や新しい情報が追加されていないことをいいます。

予算がないから新しい販売図面がつくれない・・・そんな事情もあるのかもしれませんが、大抵は、情報を新しくする必要性を感じていないことが原因。情報を新しくしたところで売れるなんて考えてもいないことが原因です。そのためアットホームを新しく配布する場合でも前回の販売図面をそのまま配布する業者さんがほとんど。何の改良もないまま再配布しています。

果たして、本当に情報を新しくしても効果はないのでしょうか?
実は、これが大間違い。情報は新しくするだけで反応率が大きく変わってくるのです。

その理由は、人間の脳にあります。

神経経済学(ニューロエコノミクス)の最新の研究成果によると、
人間の脳は、入ってきたメッセージをきちんと検討する前に、脳のエネルギー節約ために、その90%以上を捨てているというのです。もちろん、脳はすべての情報を捨てているのではありません。ある判断基準によって不必要だと判断した情報を捨てているのです。

その判断基準がこれ。
「脳は危険、もしくは新しく面白いものでなければ無視する」というもの。

つまり、自分にとっての危険情報や新しい情報、面白い情報は必要な情報で、それ以外は不必要な情報だと判断するのです。その結果、不必要だと判断されれば見てももらえない。存在しないのと同じ扱いになってしまうのです。

だから、あなたの物件に注目してもらうためにはその情報が新しい、もしくは面白いと判断されるようにすることが重要なのです。仮に、前回配布した情報と何も変わっていないとしても、表現やレイアウト、前回伝えていなかったポイントを再掲載して、新しい物件のように見せることが大切なのです。そうするだけで、脳は、新しい情報だと判断してくれるので注目される確率は高まります。注目されれば、当然、売れる確率も高まります。

情報は鮮度が大切。
売れない物件ほど新しい情報のように見せましょう。
それだけでもっと売れるようになりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
  2. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  3. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  4. こうすれば高額な家は売れる!高額な家を売るために絶対に外せないこととは?
  5. 大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。

関連記事

  1. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    不動産マーケティング

    たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    商品を売る上で、もっとも効果的な方法は自社の強みで勝負すること。競…

  2. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  3. 不動産集客

    反響は物件次第は間違った常識!反響率を左右する3つのポイント

    不動産業界の間違った常識のひとつに「反響は物件次第」という考えがありま…

  4. 不動産はAIDMAの法則で売れ!

    不動産マーケティング

    不動産はAIDMAの法則で売れ!

    AIDMA(アイドマ)の法則ってご存知ですか? 1920年代にアメ…

  5. 商売は、モノだけでは成り立ちません。それを買う人がいなければ売れません。だから、人を集めなければならない。

    不動産集客

    モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。

    建売会社など「ものづくり」を生業としている業者さんが苦手なことの一つが…

  6. 大幅値引きしましたの間違い

    不動産集客

    建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。

    ある新築住宅の現場を視察したときのこと。 現地を訪れてまず目に飛び…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  2. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  3. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  4. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  5. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  3. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  4. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  5. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

    不動産広告

    新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
PAGE TOP