売れない不動産情報を生き返らせる方法。

不動産集客

売れない不動産情報を生き返らせる方法。

売れない不動産情報にはある共通したポイントがあります。それは、情報が古びていること。販売図面はもちろん、レインズやアットホームに登録されている情報が古びているのです。情報が古びているとは、最初につくった情報がそのまま掲載されている状態のこと。途中で更新や新しい情報が追加されていないことをいいます。

予算がないから新しい販売図面がつくれない・・・そんな事情もあるのかもしれませんが、大抵は、情報を新しくする必要性を感じていないことが原因。情報を新しくしたところで売れるなんて考えてもいないことが原因です。そのためアットホームを新しく配布する場合でも前回の販売図面をそのまま配布する業者さんがほとんど。何の改良もないまま再配布しています。

果たして、本当に情報を新しくしても効果はないのでしょうか?
実は、これが大間違い。情報は新しくするだけで反応率が大きく変わってくるのです。

その理由は、人間の脳にあります。

神経経済学(ニューロエコノミクス)の最新の研究成果によると、
人間の脳は、入ってきたメッセージをきちんと検討する前に、脳のエネルギー節約ために、その90%以上を捨てているというのです。もちろん、脳はすべての情報を捨てているのではありません。ある判断基準によって不必要だと判断した情報を捨てているのです。

その判断基準がこれ。
「脳は危険、もしくは新しく面白いものでなければ無視する」というもの。

つまり、自分にとっての危険情報や新しい情報、面白い情報は必要な情報で、それ以外は不必要な情報だと判断するのです。その結果、不必要だと判断されれば見てももらえない。存在しないのと同じ扱いになってしまうのです。

だから、あなたの物件に注目してもらうためにはその情報が新しい、もしくは面白いと判断されるようにすることが重要なのです。仮に、前回配布した情報と何も変わっていないとしても、表現やレイアウト、前回伝えていなかったポイントを再掲載して、新しい物件のように見せることが大切なのです。そうするだけで、脳は、新しい情報だと判断してくれるので注目される確率は高まります。注目されれば、当然、売れる確率も高まります。

情報は鮮度が大切。
売れない物件ほど新しい情報のように見せましょう。
それだけでもっと売れるようになりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  2. あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  3. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  4. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。
  5. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

関連記事

  1. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!

    自社で現地売出をやったことのある不動産業者ならわかると思いますが、折り…

  2. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

    先日、あるお客様に「最近Facebookはやっていないんですか?」と聞…

  3. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  4. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そ…

  5. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    商品を売るとき売主は、お客様の3つの「Not」の壁を乗り越えなければな…

  6. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。

    マツダの販売会社、関東マツダが大胆な試乗キャンペーンをはじめました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  2. 大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。
  3. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。…
  4. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  5. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
  1. オープンハウスを成功に導く意外なポイント。

    不動産売却

    オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  2. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  3. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…
  4. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  5. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
PAGE TOP