あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

不動産集客

あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

日経MJによれば、食品スーパーのサミットが、ビギナーにもわかりやすい「だしコーナー」を作ったということです。どんな売り場かと言うと、通常はただ「乾物」として陳列される商品群を「だしを取る」ために使うものとしてまとめ直したとのこと。

煮物などに使うことが多い、「ふ」や「切り干し大根」などは別の棚に集め、だしを取るためのかつお節や煮干しなどは「出汁」と書いたPOPの下に並べたのです。ポイントは、味噌などの調味料の隣に並べたこと。初心者でも気づきやすいからです。

集めたのは約30品目で、既存の売り場で支持が高い定番商品に加え、独自商品も用意しました。付き合いのあったメーカー本社を訪れ、社長と直談判。だしを乾物から取ったことがない初心者向けの商品の開発を依頼しました。

そしてできあがったのが「日本のおだし」シリーズ。数回で使い切る小容量タイプで、「3時間は水に浸す」といった使い方もパッケージに明記。500円前後の商品が多い中で、価格も200円台と初めてでも手に取りやすくしました。販売は順調だといいます。狙い通り30代前後の客が立ち止まるようになり、新しい需要を開拓。同コーナーは他店でも展開する方針だといいます。

この記事で不動産業界でも参考になるのは、初心者用にマニアックな商品を見直した点です。乾物コーナーという、料理初心者がなかなか行かないコーナーから商品を移動し、初心者向けの商品につくり直し、乾物の使い方を初心者でもわかるようにしたのがポイント。

ついつい、私たちはお客様が商品のすべてを知っていると思ってしまいます。売り手は、毎日同じ商品に触れているため自然に商品知識が増え、マニアックになっていきます。そして、お客様の中にも私たちと同じように商品知識が増えた結果、マニアックになったお客様もいます。

そんなお客様に接していると、売り手はいつの間にかすべてのお客様がマニアックなお客様のような気がしてくるのです。そこが落とし穴です。確かに、マニアックなお客様はいます。情報化社会ですから、そんなお客様が増えるのも無理はありません。

しかし、そうでないお客様も多い。情報収集するのが面倒、自分で分析するのが面倒というお客様も同じくらいいるということです。それを忘れてしまう。マニアックな人も初心者もお客様であることには変わりありません。むしろ、どちらが売りやすいかというと初心者。マニアックな人はこだわりが強すぎて説得できない人が多いからです。

では、どうしたらいいのか?軸足を初心者に移すことです。サミットの出汁コーナーのように初心者でもわかりやすくすることです。あなたの商品はマニア向けになりすぎていませんか?売りやすいのは初心者です。まずは初心者向けの商品企画、情報提供に心がけましょう。わかりやすく伝えるようにしましょう。その方が売上げは上がりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  2. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  3. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。
  4. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  5. あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。

関連記事

  1. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    飲食店を繁盛させるのに利用されている法則に「3回安定、10回固定の法則…

  2. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    不動産広告

    不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?

    (株)LIXIL住宅研究所が、「住まいの購入」「住まいのリスク回避」に…

  3. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  4. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

  5. 不動産広告の8秒ルールとは?

    不動産広告

    不動産広告の8秒ルールとは?

    「現代人の集中力は8秒、これは金魚の9秒を下回る」というショッキングな…

  6. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?

    不動産売却

    不動産売却、売れないオーラ出してませんか?

    もし、商品が同じだとしたらあなたは流行っている店で買いますか?それとも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  2. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  3. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  4. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

おすすめの記事

  1. 伸び代のある経営者とは?
  2. 不動産営業マンは見た目が9割!?
  3. その色使い、間違っていませんか?
  4. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる…
  5. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  1. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。
  2. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。
  3. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。
  4. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  5. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
PAGE TOP