幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

不動産マーケティング

幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

ある新築一戸建ての売出し現場での話。
その新築住宅は、クルマ通りの多い場所に建っていました。幹線道路とまではいきませんが、それなりにクルマの通行の多い場所。騒音もそれなりです。

その日は、朝からある仲介業者さんがオープンハウスをしていました。天気のいい日だったせいか全ての窓を全開にしてのオープンハウス。確かに、窓を全開にすると空気の流れも良くなり開放感も感じます。

しかし、考えなければいけないのが騒音の問題。
せっかく開放感を演出しても騒音で購買意欲が減退しては元も子もありません。開放感を取るか騒音のリスクを回避するか現場ごとに決める必要があります。

当たり前のことと言えば当たり前のことなのですが、それをわかっていない業者もたくさんいます。何も考えず、どこの現場でもいつも同じやり方という仲介業者もいれば、ありのままを見せればいいという独特の信念でやっている業者もいます。もちろん、それで売れればいいのですが世の中そんなに甘くはありません。

欠点を欠点のまま見せるのは売り手としては失格。
欠点を、大した欠点ではないと感じさせることができるのが賢い売り手です。

ちなみに騒音と呼ばれる音は、世界保健機関(WHO)によれば、日中が55デジベル、夜間が45デジベル。最近は、スマートフォンの無料アプリで騒音を計測することができるので、うるさいかも・・・と思ったらまず測定してみることです。そして騒音と呼ばれる音を感じる物件であれば、準備段階では窓を開けて空気の入れ替えをしますが、実際のオープンハウスでは窓を閉めるのが鉄則。できれば、BGM(バックグラウンドミュージック)も流しておくことです。

BGMには2つの効果があります。
ひとつはマスキング効果。マスキングとは音で他の音を隠してしまうこと。そしてもうひとつは、購買意欲を高める効果。音楽は理性でなく直接感情にアピールするため、お客様の感情や情緒を刺激して購買意欲を換気します。

BGMを流す際に注意すべきことは自分の好みでBGMを決めないこと。
家という商品を売るのにふさわしいBGMを流すことが大切です。一般的には、ゆったりしたテンポの遅めの曲。ホテルのロビーに流れる音楽や癒し系の音楽が無難でしょう。

注意しなければならないのは人の声の入った音楽。たまにラジオ放送をBGM代わりに使っている人がいますが、人の声は集中力の妨げになるため、ラジオはもちろん、ボーカルの入った音楽も避けた方が賢明。BGMを決めるのも簡単ではありません。ただ、これらのことを仲介業者に求めるのは酷な話。やはり売主側で準備すべきでしょう。

せっかくのオープンハウス。
効果が最大になるよう工夫したいものです。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  2. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  3. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  4. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  5. こうすれば新築住宅は青田で売れる!

関連記事

  1. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  2. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    動物園といえば、真っ先に思い浮かべるのは上野動物園、というのは昔の話。…

  3. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    マーケティングを勉強していくと、「プロダクトアウト」「マーケットイン」…

  4. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    VOSSというミネラルウォーターを知っていますか?ノルウェーのミネラル…

  5. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社で…

  6. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?

    建売住宅の業界は不安定です。 売れる時もあれば、売れない時もある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売業者も営業力の時代。
  2. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  3. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  4. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  5. ディズニーランドと不動産マーケティング。
  1. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  2. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
  3. あなたの知らない建売業界の不都合な未来。

    不動産会社経営

    あなたの知らない建売業界の不都合な未来。
  4. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。
  5. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
PAGE TOP