不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

不動産会社経営

不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

ビジネスとは不思議なもので、努力をしたからといってすぐに報われるものではありません。逆に、努力をしなくてもブームに乗ればそれなりに稼げるものです。

私のクライアントさんにも明暗が分かれているクライアントさんがいます。一生懸命やっているんだけど、なかなか成果が現れない業者さんと、努力らしい努力はしていないけど、ガンガン儲かっている業者さん。

一見すると、ガンガン儲かっている業者さんの方がいいように見えますが、そこがまたビジネスの面白いところ。長期的な視点で見ると、どちらがいいかはまだ判断できません。

今、儲かっている業者さんは、たまたま仕入れがうまくいっただけかもしれません。
建売住宅ではなく、アパートの方が儲かっているのかもしれません。

実際のところ、建売住宅がガンガン売れているというところは少なく、儲かっているという会社はアパートを主流にしているところが多いのも事実です。つまり、ブームにうまく乗っているところが儲かっている可能性は高い。

ブームに乗ること自体は悪いことではありません。それによって資金繰りが良くなればいいことですし、経営が安定すれば落ち着いて仕事ができます。

ただ問題は、ブームは去るということです。
そしてその見極めは、ブームを発見すること以上に難しいということです。

だから、ブームに乗っているうちにブームが去ってもやっていけるノウハウを確立することが大切。アパートを売っているなら、アパートブームが去っても、売り切るノウハウや、アパートブームに左右されない商品を開発すること。

これが、ブームに乗っている間にやるべきことです。これができないと、ブームで稼いだお金はすべてなくなるというのがパターン。プラスマイナスゼロならまだいい方で、それ以上の損失を被って倒産なんて会社も過去にはたくさんありました。

あなたは「たまごっち」というゲームをご存知ですか?

プラスチック製の携帯できるペット育成ゲームで、昔、大人気になりました。私も子供のために並んで購入した経験がありますが、あの大人気になった携帯ゲームも実は、最終的には大赤字。ブームの終わりを予測できず、250万個を大増産した途端にブーム終了。60億円の特別損失を計上して経営に大きなダメージを与えることになったのです。

何度も言うようですが、大切なのは、ブームが去ってもやっていけるだけのノウハウがあるかどうか。もしノウハウがないなら、引き際が大切。まだいける、という時期こそが引き際ですよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者は広告力を磨け!
  2. モノづくりだけじゃダメ!これから売れる建売会社は集客が命。
  3. あなたの感性は時代に合っていますか?
  4. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…
  5. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。

関連記事

  1. これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な能力とは?

    以前、ある新築分譲会社からコンサルティングを頼まれたときのこと。 …

  2. 紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。

    不動産会社経営

    紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。

    うちの近所に紳士服のAOKI本店があります。 たまに利用することが…

  3. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。

    以前、ある新築分譲会社をコンサルティングした時の話。 その業者さん…

  4. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。

    「ミラーニューロン」という言葉を知っていますか?ミラーニューロンと…

  5. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社には4つのステージがあります。そのため、それぞれのステージに…

  6. 値引きしないで売れる建売会社の条件とは?

    不動産マーケティング

    どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?

    わが家の愛犬が入院することになりました。 数日前から突然、食べ物を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  2. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  3. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  4. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  5. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  1. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?
  2. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  3. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  4. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  5. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!
PAGE TOP