不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

不動産広告

不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

ある建売業者さんの話。その建売住宅は、駅徒歩3分、閑静な住宅街の東南角地に建つ新築住宅でした。人気の建築家が設計したいわゆるデザイナーズ住宅で日当たりも良く、素人目にもひと目でいい物件というのがわかる住宅でした。

ただ、難点は価格が高いこと。パワービルダーの近隣物件が3,000万円弱なのに対し、この物件はなんと4,000万円超。相場より1,000万円以上も高いのです。もちろん、パワービルダーの物件とは比べ物にならないほど、間取りや設備、素材にはこだわっています。法外な利益を貪っている訳ではなくコストを計算していくとこれくらいの価格になってしまったというのが実情です。

売れ行きは?というと予想通り、、、苦戦。
完成前はもちろん、完成後もなかなか売れません。

ただ、物件自体はお客様の目を引くため仲介業者からの広告掲載依頼は絶えません。そのため最初は、広告掲載を拒否していた売主さんも完成と共に広告掲載を許可。チラシ、ホームページ、インターネットなどすべての媒体を利用するようになりました。気がつけばSUUMOにはこの物件の広告だらけ。昔ながらの建売業者さんでは考えられない光景が展開されていました。

当初は、大手不動産仲介会社だけに現地売り出しを依頼していたのですが、これも途中で方向転換。会社の規模ではなく熱心さで仲介業者を選ぶようになりました。最終的には、従業員数人の小さな仲介業者に依頼。1ヶ月間専任で任せることにしたのです。

結果は?というと専任を出してわずか2週間で買い付け2本。
どちらも頭金、勤務先とも申し分ないお客様で、最後はどちらにしよう・・・と悩むほど。あの売れなくて悶々とした日々は何だったんだというハッピーエンドが待っていたのです。

面白いのは、買い付けを入れたお客様の住んでいる場所。
どちらも、この物件から歩いてわずか数分という超近隣にお住まいのお客様だったのです。

そしてどちらのお客様も
「こんないい物件が近所にあったなんて知らなかった・・・」
といっていたこと。

売主としてはレインズやアットホームを利用して土地の段階から売り出していた物件です。完成後も大手仲介業者を通じて何度もオープンハウスをやってきました。それにも関わらず申し込みした人は、この物件の存在を知らなかったという事実。いかに物件の存在を知らせるのが難しいか改めてわかりました。

広告は、やり過ぎと思うほどで丁度。
あらためて広告の重要性と伝える難しさを認識させられました。

 

ピックアップ記事

  1. 中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。
  2. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  3. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  4. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  5. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

関連記事

  1. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    不動産集客

    あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    日経MJによれば、食品スーパーのサミットが、ビギナーにもわかりやすい「…

  2. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    商品を売るとき売主は、お客様の3つの「Not」の壁を乗り越えなければな…

  3. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    日経MJによれば、ブルボンのお菓子「濃厚チョコブラウニー」が人気です。…

  4. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    先日、冷蔵庫を買いに行きました。実は、わが家の冷蔵庫は18年前のもの。…

  5. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    不動産売却

    新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    先日、ある地方都市で工務店を経営している社長の話しを聞く機会がありまし…

  6. 予告広告

    不動産広告

    なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?

    よくクライアントから質問されることのひとつに、予告広告は必要ですか?と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  2. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  3. 売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?
  4. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  5. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  1. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  2. 不動産営業マンは見た目が9割!?

    不動産会社経営

    不動産営業マンは見た目が9割!?
  3. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    不動産マーケティング

    販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  4. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  5. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。

    不動産売却

    不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
PAGE TOP