建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

不動産会社経営

建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

建売住宅は、仕入れに始まり仕入れに終わると、言う人がいます。ほとんどのビジネスに当てはまる名言といえば名言。私も否定はしません。

ただ、それだけでビジネスが上手くいくかというと、それも疑問。どこよりも安く、いい物件をコンスタントに仕入れるというのは至難の技だからです。そのため、仕入れ担当者は情報の入手に躍起になります。様々なルートを使って情報を入手するわけですが、最終的には2つのパターンに集約されます。

人間関係で情報を集めるか、
高値で買える会社になって情報を集めるか。

人間関係で情報を集めるのは、昔ながらのやり方。業者と一緒にお酒を飲みに行ったり、ゴルフをしたりと、主に夜のクラブ活動が中心。古いパターンですが、未だに人気のパターンです。

もう一つは、高値で買い取る方法。
いい物件が、ある特定の業者にだけ流れるというのは、そうそう多くはありません。大抵は、いくつかの業者が競合することになりますから、高値で買える会社が有利。

逆に、高値で買える会社という評判が立てばおいしい情報も一緒に回ってくるようになります。昔のリクルートコスモスなどがこのパターン。創業時は、素人の集まりのような会社だったため、徹底的な高値買いをしていました。その結果、驚くほど短期間で業界のトップ集団に上り詰めのです。

ただし、高値で買うのにはリスクが伴います。高値で買っても売れなければ単なる不良在庫。一気に資金繰りが悪化します。では、どうしたらいいのか?

高値で買える会社になるためには、出口戦略を充実させること、つまり、販売力を強化する必要があります。

建売業者に販売力?うちは直接販売はしていないし・・・という人も多いのですが、これからはこの分野が強くないと生き残ってはいけません。自社で営業マンを抱える必要はありませんが、責任を持って販売を請け負ってくれる仲介業者と提携することは重要になってきます。

その際のポイントは、広告宣伝能力。売主も仲介業者もどちらも広告宣伝能力のある会社が生き残る条件になります。パワービルダーは、安く建物を建てることで差別化をはかっています。中小建売業者は、パワービルダーほど安く建物を建てることはできません。

ということは、同じ価格で土地を仕入れてもパワービルダーには勝てないということ。
価格勝負では負けることになります。

価格で勝てないとなると後は商品力と販売力で勝つしかありません。ただし、どんなにいい物件をつくっても
それを伝える能力がないとお金には結びつきません。

飲食店などでおいしいお店なのに繁盛していない店はこの伝える能力が不足しているから繁盛しないのです。裏を返せば、伝える能力(広告宣伝力)を磨けば、売上を自分たちでコントロールできるようになるということ。

自分たちで売上がコントロールできるようになれば、高値で仕入れることも可能になるということです。多くの建売業者さんは、仕入れだけに躍起になっています。確かに仕入れは重要ですが、それをもっと楽にするには販売力、つまり、広告宣伝能力を身につけることが重要です。

一朝一夕には身につきませんが、これから生き残っていくためには避けられないスキル。他社を圧倒的に引き離す重要な能力です。先ずは頭の片隅に入れておいてください。

 

 

ピックアップ記事

  1. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  2. 不動産広告の8秒ルールとは?
  3. 新築分譲住宅、口コミで評判を広げる裏技とは?
  4. 中小不動産会社が大手より優秀な人材を採用する方法。
  5. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

関連記事

  1. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    忙しさを「できる経営者の証」のように言う社長さんがいます。コンサルティ…

  2. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    1997年のある日、1人の男が家で暇を持て余し、古新聞を束ねたり、山積…

  3. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけな…

  4. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。

    売れない不動産会社(建売会社)に共通することのひとつに、社長の年齢があ…

  5. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何…

  6. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産チラシの基本7原則
  2. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  3. 平町
  4. 成約率を上げたいなら即実践!購買意欲が高まる雑貨の使い方。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

おすすめの記事

  1. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  2. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  4. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  5. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

アーカイブ

  1. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  2. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  3. 大手不動産会社と中小零細建売会社の戦略の違い。

    不動産会社経営

    大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。
  4. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  5. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
PAGE TOP