成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

不動産マーケティング

成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

「おじいちゃんのノート」が爆売れしています。「おじいちゃんのノート」とは、水平開きノートのこと。下町のおじいちゃん職人が作っているから、「おじいちゃんのノート」と呼ばれています。

このノートの特徴は、ノートを開いた時に中央部分が膨らまないこと。コピーやスキャンした時に中心部の影が映らないことはもちろん、綴じた部分に段差ができないので書きやすく、ページをまたいでの記入も簡単にできることです。

そのため、A3のノートは開けばA2判に、A4のノートはA3判、B5ノートはB4判の方眼紙として使えるので、学生(主に理系・技術系の学生や受験生)に大人気になっています。

製本一筋の職人さんが持つ高い技術がなせる技で印刷後の二つ折りの紙を寸分たがわず重ね合わせる工程は、一人の熟練した職人が行っており、一日に300冊しか作れないといいます。

まあ、ここまで聞くと、確かに売れそうな気がしますが、実はこのノート爆売れするには結構、時間がかかりました。2年間の開発期間を経て商品化されたのは、2014年の10月。2015年には本格的に販売を開始したものの、なかなか売れず年末には数千冊の在庫を抱えたと言います。

もちろんこの期間もただ黙って売れるのを待っていたわけではありません。しっかり販売活動も行っていました。扱ってくれそうな企業を1年で60社近く訪問営業したり、東京都より性能が評価され「トライアル発注認定制度」に選ばれ、東京都の認定商品カタログに掲載されたり、文具業界の有名ブロガーに取り上げてもらうなどの活動をしたのですが、一向に売れません。

そんな時、おじいちゃんが孫(学生)にこのノートをプレゼントしたところ、孫がこれなら誰か欲しい人がいるかもしれないとTwitterでツイートしたところ一気に拡散。3万以上リツイートされることになり、3万冊以上の注文が入るようになったと言います。まさに、Twitter様さまです。

商品が売れるのには、3つのMが重要だと言われています。
3つのMとは、
Market:(市場)お客様
Message:(メッセージ)何を言うか
Media:(メディア)どんな媒体を使うか

要するに、誰に、何を、どんな媒体を使って言うか、が大事だということです。
おじいちゃんのノートも、売れる前と売れた後で商品が変わっているわけではありません。商品もメッセージも同じなのに、どんなメディアを使ったかによって大きな違いが現れたのです。

今回の勝因は、使う人(学生)が情報収集ツールとして利用するTwitterにメッセージを載せたこと。購入する確率の高い人が利用する媒体を利用したことが勝因です。

これは建売住宅も同じ。家を買う人が情報収集に利用するメディア(媒体)を使うか使わないかによって、同じ物件でも売れ行きは変わるということ。

もっと言えば、メディア(媒体)だけでなく、どんなメッセージを流すかによって同じ物件でも売れ行きは変わってくるということです。だから、広告や販売図面が重要なのです。

あなたの物件は、正しいメディアに正しいメッセージを流していますか?
思うように売れないのはそこが原因かもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  2. 日当たりの悪い家の売り方。
  3. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!
  4. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  5. その色使い、間違っていませんか?

関連記事

  1. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

    ビジネスの基本は、お客様が欲しいものを欲しいタイミングで、欲しい価格で…

  2. 知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!現場管理と売上の関係。

    近所で建築中のスウェーデンハウスが上棟しました。工事が始まった頃から毎…

  3. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    私のクライアントさんや、メルマガ、ブログの読者さんには、いい家をつくる…

  4. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    不動産マーケティング

    中小新築分譲業者はニッチを探せ!

    世の中には流れというものがあります。 時流という言葉が適切なのかも…

  5. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。

    「何であんな物件が売れるんだ!」「俺なら絶対買わないけど・・・」 …

  6. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。 左脳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!
  2. 残念なオープンハウス。
  3. 建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。
  4. あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  5. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  1. 不動産会社経営

    建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  2. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  4. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    不動産マーケティング

    パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  5. 成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。

    不動産マーケティング

    成功事例に学べ!売れない商品が爆売れした意外な理由。
PAGE TOP