不動産広告は3ヒット理論でつくれ!

不動産広告

不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!

仕事柄、切羽詰まった不動産会社からの問い合わせも時々あります。

「すぐに売れる方法はありませんか?」
「今月中に売れないとヤバイんです・・・」

すぐに売れる不動産広告をつくって欲しいという依頼ですが、正直、すぐに売れるかどうかはやってみなければわかりません。過去にはそんな状況を切り抜けたこともありますが、絶対できるかどうかは保証できません。もっとも、保証できるというコンサルタントがいるなら、その人はかなり怪しい。というのも、一度や二度の広告では売れないのが普通だからです。

これは、広告の質の問題ではありません。どんなに素晴らしい広告ができたとしても、読めば誰もが欲しくなる広告ができたとしても、そもそも読んでもらえるかどうか、わからないからです。

広告の世界には、反復性効果と呼ばれるものがあります。反復性効果とは、同じメッセージを何度も反復して伝えることによって時間の経過とともに効果が現れはじめ、読者の意識や態度が変化しやすくなるというもの。広告業界では常識で、同じ時間帯に何度も同じテレビコマーシャルを流したり、選挙活動で候補者の名前を反復したりするのは反復効果を狙っているからです。

要するに、メッセージが提示される回数が多ければ多いほど、説得効果が高まるということ。お客様を説得するには、広告を何度も打つことが重要だということです。

ハーバード・E・クラグマンは、この反復効果の研究をさらに進め、3ヒット理論を作り上げました。3ヒット理論によると、人が広告を見た時の反応は、回数によって次のような違いが生まれまれるといいます。

1回目:「何だろう?」という反応
2回目:「何について語っているのだろう?」という反応
3回目:「何だっけ?」と思い出す反応
4回目以降:3回目と同じ反応

要するに、1人の人間に3回広告を見せると購入率が高まるというのです。これは「3信の法則」とも呼ばれ、メッセージは3回反復しなければ、本当の効果は分からないということです。

つまり、広告の効果を最大限に高めるには、広告を公開して1回目の反応だけで判断してしまうのではなく、3回見て貰えるようにすることが重要だということ。少なくとも3回分の広告予算がないと、どんな素晴らしい広告がつくれたとしても成果につながりにくいということです。

広告で重要なのは繰り返し伝えること。一度や二度で諦めないことです。
そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  2. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  3. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  4. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  5. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

関連記事

  1. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    不動産広告

    不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    カクテルパーティー効果という言葉を聞いたことがありますか?カクテル…

  2. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

    業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふり…

  3. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

    不動産広告

    新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

    ザイオンス効果って、ご存知ですか?1968年、アメリカの心理学者ザイオ…

  4. 予告広告

    不動産広告

    なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?

    よくクライアントから質問されることのひとつに、予告広告は必要ですか?と…

  5. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  6. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。
  2. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  3. 大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。
  4. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  5. チームの生産性を上げるコツとは?
  1. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    不動産広告

    売れる建売会社になるために必要な予算とは?
  2. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  3. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  4. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  5. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    不動産マーケティング

    パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
PAGE TOP